消滅する地域と発展する地域 #2

年末なので久しぶりクソ地域の田舎に寄ってみましたが、まあやはり酷い状態でした。

 

山の竹やぶが勝手に伐採され、半固定できっちり固定はされていないものの柵が勝手に境界に侵入しこち

 

ら側に競ってきており、所有地の境界についてはどの地域でも起こりやすい問題ではあるとは思いますが、

 

不在の間にああも勝手に境界付近をいじられると大変で

 

もうコンプラもクソもない地域へ対策していくのは非常に面倒で無駄な時間や労力を使うもので

 

とにかく定年老害の暇つぶしに我々現役世代の時間を喰われます

 

払い損の年金や社会保障で金を取られ、それに加えて田舎に移住すると 犯罪老害の暇つぶし対策に時間を取られるという 最悪の状態に陥ることになります

 

私は田舎の現状を見ていつもこう思うのです

 

現在、地域の過疎問題などを 一応  問題 として対策しましょうという体で国やら自治体やら税金をぐちゃぐちゃと使ってはおりますが、すべてが無駄なものであると。

 

それよりもこれから縮小していく人口&経済でどうやって コミュニティが固定化し、コンプラが無茶苦茶で存在意義のない地方を閉じていくのかを考えた方が前向きだと思います。

 

もしくは過疎化した地域でどうやって長く地域を維持していくかを考えた方がいいでしょう

ただほとんどの地域で実質何もやっていないのが現状です

 

長く維持するには金をかけない(税金を浪費しない)のはもちろんですが、それと 何もしない のとは全く違います

 

本当に地域が消滅してしまう手前まで来ている地域は、どうにかして子育て世代を呼び込むかの為に自治体が時間やお金を注いでいますが あれもそう長くは続かないと思っています。

 

過疎地域が公共サービスを手厚くして呼び込んだ子育て世代を含む人達というのは、臨機応変に状況に応じて対応するフットワークの軽い人達です

 

そういう人たちは、公共サービスなどの旨味がなくなってしまうとフットワークが軽いので逆に言うと簡単に出て行く人たちなのです

 

過疎化で悩んでいても出ていけない、じゃあ若い人たちを呼び込もう と言う人たちは 地面に縛られ 外へ出ていけない人たちということなのです

 

私はいろんな人たちと話してわかりました。

老人であっても執着しないフットワークの軽い人たちはすぐに便利で生活しやすい都市部へと移住してしまうのです

 

 

田舎の自然の中で子育てをして意義があるのは子供が10歳程度になるまでで、それまでは通常 世の中の汚い部分や厳しい部分を教えずに育てます。

まだ成長期に あまりに現実的な部分を見せるわけにはいきませんので、

社会とは、理想的で希望が満ちていて夢があって と育てるわけですが、いつまでもそのままではいざ社会に出たときに一発で潰されてしまいます。

ですので社会はいかに厳しくて汚いか を知らないまま成長するのは非常にリスクが大きいので、それは小学校高学年あたりから少しずつ教えていく必要があるわけです。

その意味では田舎はあまりよくありません。

生まれたときからみんな知りあいで、いつまでたっても人が入れ替わらず、中学になっても高校になっても関わる人間が広がっていかず

大人になってもその小さなコミュニティーから抜け出せない大人が地域に残り、そして様々な思考や意見や文化とぶつかり、多様な人間と関わり、自分たちとは考え方の違う人たちと話し合い、合意をつけるべく落としどころを探す という行為を知らないのでそれをすることもなく、ただただ自分のものさしの数値を相手に強要し、いうことを聞かなければ、ここはワシらの土地じゃ と言わんばかりに風評やらゴミを投げ入れるやらの嫌がらせで支配しようとする人間が出来上がるわけです

自分は世の中では小さな人間で 世界にはいろんな人がいて その人たちを関わると相手の思考拡がり自分の知も拡大していく という感覚が身につかないまま大人になってしまうのです。幼少の頃から知っている知り合いだけと付き合い、他は排除へ向かう人間はこれからは生き残ってはいけないです

しかし村の中だけで経済が回る構造でしたら問題ないでしょう

しかし村の中で耕運機を製造できますか?

コンバインをねじ一本から作れる鍛冶屋が村にありますか?

行き過ぎた分業も弊害が出始めていますが、分業なしでは人間は進化しませんでした

 

話はズレましたが、自分とは文化も価値観も違う人間と付き合っていける力がない

相手の話を聞くこともなく、自分の言い分を大声で怒鳴り散らし、ただただ相手に押し付け強要し、 ここらはわしらの土地だ ワシらがルールだ という人間はどこにも出ていけないわけです

 

よそへ移住すれば 自分たちがよそ者になるわけですから、それは奴らには怖くてできないわけです

 

実は過疎化へ加速している地域に残っている人間というのは そういう連中がほとんどなのです

 

なので、公共サービスを手厚くして呼び込んだなら その人たちに逃げられない為には一生手厚い公共サービスを続ける必要が出てきますが それは土台無理な話ですので

結局数年の少しの間夢が見られるだけで、結局過疎化は止まらず、消滅していきます

 

消滅していき、ワシらの土地じゃ という老害がいなくなりリセットしたところから

新たな移住者が来て新しいコンプラが土台から作られ地域づくり始めなければ 過疎の村の再生はできないのです

 

過疎化するには過疎化する理由があります

その原因のほとんどは 過疎化する地域にいつまでも残っている人間にあるのです

その人間がいくらどうしようかと考えても無駄なのです

なぜなら原因は彼ら自身なのですから

そして彼らはどこまでいっても変わることはありません

変わらない限り人口減少の影響をもろにくらい過疎化は止まりません

 

ですので過疎化している地域は先を見据え、もう終わる地域に無駄な労力や税金を投入することをやめ速やかに終息させる方向へ持って行くのが最善の方法と思います

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 番外編

久々に書いております

 

最近、それでも田舎に来る中年や若者がいるのでその方達と話してみて気が付いた事を

 

今回書いてみます

 

今回は

 

「人間は田舎で農耕するのが本来の姿 という勘違い」

 

です。

 

田舎に越してみようとしている方と話しているとまずこの類の言葉が出てきます

 

都市部で揉まれ擦られ 精神的に完全に消沈してしまい、これは人間の本来の生活ではない

 

やはり田舎に移住して 農耕し森や土と戯れて充電したい 

 

なるほどどこかで聞いたような言葉です

 

テレビや雑誌の影響でしょうか

 

しかしこの 本来性 の定義には私は疑問を抱かざるをえないです

 

なぜなら、今ある現代の社会構造の基礎は農耕社会によって築かれたものだからです

 

都市部にいて 何か見えないものに支配されて働かされるのはうんざり

 

これもよく聞きます

 

しかし 持つ者 持たざる者 の格差を生み、労働者と支配者という支配構造を築いたのは

 

農耕社会である と言うことを皆さんすっかり忘れています。

 

なので都市部にあるヒエラルキーが田舎にないと思っていると大間違いです

 

そこには規模は小さくとも立派なヒエラルキーが存在します

 

しかもそれは都市部と違い、どんなに努力しても動かすことができない構造社会が

 

長きにわたりガッチリと固まっているのです

 

都市部は非常に簡単で、それが良いことか悪いことかは置いておいて、

 

どうしてもそのヒエラルキーで上に登りたければ ただお金を稼げばいいだけです。

 

しかし田舎は違います。いつまでたっても いくら溶け込もうと努力しても

 

時間を割いて地域の為に働いても、あなたは 所詮はよそ者でヒエラルキーで言えば

 

最下位です

 

さて 都市で嫌気が指した状態と何が違うのでしょうか?

 

田舎に移住して 誰とも関わらない、誰も手伝わないし儲けもしない 完全自給自足で

 

一人で生きていく というのなら話は別です

 

もっと言いましょう。よくも悪くも地方は都市部によって支配されています

 

そうではない地域は巨大な企業を抱えている地方だけでしょう

 

それ以外の 特に農耕や漁業をしている地方は 都市部に支配されていると言っても

 

過言ではない状態だと思います。

 

そして都市部に支配されている地方のさらに最下位になるというのは とんでもなく辛い状態だとは想像できないでしょうか?

 

以前からずっと言っていますが、数年貧乏ごっこをしてちょっと充電してまた他へ移る

 

というのならよくわかりますが、過疎地に土地や家を買って というのは私には理解しがたい行為です

 

今回 非常に短いですが、私にアドバイスを求めて来る方と話してて

 

あまりにも 人間本来の姿は という言葉が出て来るので今回 書いてみました。

 

本来の姿 という定義は難しいですが、人間が定住しはじめたのが約1万年前です

 

そこから農耕社会が始まってまだ数千年しかたっていません

 

2足歩行を初めた人類が誕生したのは約400万年前です

 

農耕などの技術がなかったから 狩猟をしていた と考えがちですが

 

実は 農耕などする必要がなかった とも言えます

 

そして人間は農耕をするようになって 労働時間が劇的に増えました

 

所有という概念が生まれ

 

そして持つ者 と持たない者 で格差が生まれるようになり、その格差により

 

支配する者 と 支配される労働者 と線引きされていくようになるわけです

 

ではそれで安定的に食料を得られるようになったか と言えば おてんとさん相手ですのでそんなこともないわけです。

 

不作の時に食料を与えられないのはヒエラルキーの下である労働者 小作人からです

 

しかし分業は農耕社会が始まってから本格的になったわけですし、それによって文化 

 

文明が発展してきたとも言えますが、現代は分業が行きすぎている と考えることもで

 

きます

 

話は逸れましたが、とにかく現在の社会構造の祖は 農耕社会 であることを肝に命じ

 

て田舎への移住を模索してみることをお勧めいたします

 

田舎に移住して気が付いてみたら

 

やりたくもないことをやらされていて 奴隷化が進んでしまい

気が付いたら、都市部にいる時よりもやりたい事もできない状態になった

 

なんてことのならないように気をつけてください

 

今回は 「人間は田舎で農耕するのが本来の姿 という勘違い」 でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消滅する地域と発展する地域 #1

なんだか大そうなタイトルをつけてしまいましたが そこまで深い話はできないことを

 

先にお断りしておきます

 

いや地方はまだこんな事やってんだ というニュースを最近見たので

 

まだまだ排外主義 村社会の老害たちは懲りていないのだなと感じて

 

昔に田舎暮らしにトライしてみた経験から

 

今回の記事を書いてみようと思います

 

そのニュースとは

headlines.yahoo.co.jp

 

これ完全に犯罪で被害額は1500万円相当になるとあります

 

ここまで大きいと全国ニュースになりますが、実は数千円程度の被害は

 

田舎では日常茶飯事です。以前から書いていますがほぼ無法地帯です

 

根底にある思考はこのメロン6600個をダメにした犯人と同じです

 

日本も高度成長を向かえ先進国といえるようになるまではそんなレベルだったわけで

 

それがまだ続いているのが地方なのです

 

田舎の富んでない地方民というのはそういうレベルなのです

 

私の畑や庭 裏山なども 道に面しているのでやられていました

 

(もう住民票を移しているのに今もまだやっている老害もいるほどです)

 

車も人もほどんど通行しないので 昼間に犯行に及ぶ老害もいれば

 

早朝や深夜の暗くてよく見えない間に 裏山や庭や畑に侵入してきて

 

除草剤を撒いてみたり、植木を根こそぎ抜いてみたり 支柱を折ってみたり 

 

作物の苗を踏んで歩いてみたり

 

ゴミを 吸殻を つばを 小便を 撒いていく

 

とにかくやりたい放題です

 

それで知らん顔をして笑って挨拶をしてくるのが田舎老害なのです

 

さて タイトルに戻りますが、この被害に合われたメロン農家の方はどうなると

 

思われますか?

 

ここまで有名になりました そして都会の人達に応援されるようになるでしょう

 

さらに売り上げは上がり、除草剤を撒いた犯人達との差は拡がるばかりでしょう

 

結論として 今年は大損害かもしれませんが、長い目で見て犯人の負けです

 

犯罪を犯してまで負けにいっているわけです。どうしようもないカスとしか

 

いいようがありません。

 

さて話をスライドさせましょう。嫌がらせをしてくる田舎老害

 

結局奴らも負けるのです。移住してくる人間を次々と嫌がらせで追いやり

 

住民は減り過疎化を自ら加速させ、そして自治体が消滅 地域も消滅です

 

嫌がらせなどの犯罪がそれを加速させている ということに気が付かないほど

 

あほなのです。たぶん自治体などとなあなあな関係を結んでいるが為に

 

安心しきっているのでしょう。哀れな茹で蛙です。

 

地方創生とは、それら古い既得権益を断ち切っていく

 

新しいコミュニティの仕組みを作り上げる所から始めければ

 

必ず失敗するといっても過言ではありません

 

なぜなら 新しい人間を受け入れなければ どう足し算引き算しても

 

そう遠くない先に、その地方には人が居なくなってしまうのですから

 

 

 

 

 

 

 

 

都市と田舎 どちらが節約生活に有利なのか問題 #1

田舎暮らしに関しては、人害についていろんなエピソードを書いてきましたが、

 

実は、地域が特定できるような内容や、この先法的処置に移すようなものについては

 

書くのを避けていますので、実際には起こった事件の3割も書いてはいません

 

で、法的処置を起こして処分が決まったものに関しては 明らかにできる範囲で

 

書いていこうと思っています。

 

しかしそれでは時間がかかりネタがなくなってしまうので

 

これから 定年まで生活していく上で

 

田舎と都会 経済的にどちらが有利なのか、節約生活にはどちらが向いているのか

 

検証するシリーズをやっていきたいと思います

 

単純に、物価だとか家賃だとか時給だとかで比較することはよくあると思います

 

しかし実はそれだけでは比較は難しく、数値化しにくい部分も多々あり

 

実際 比較して出てきた答えも検証した人それぞれで違っており

 

これから 田舎へ もしくは 都会へ移住しようと思っている人たちの

 

参考にはなりにくいのが現状です

 

そこで 今回は数値化できているものはそれを使い、数値化できていない部分について

 

は、私個人の独断と偏見で数値化し比較していきたいと思っています

 

まだデータを集めている段階ですので今回は予告でしかありませんが

 

私個人的にも興味がありますので、頑張って書いていきたいと思っています

 

この先 定年はなくなると言われていますし、それに伴い年金も支給開始が先延ばしに

 

されると言われています。

 

さらに 介護保険は増大し、国民健康保険の負担も高くなると予想されます。

 

最初の壁は団塊世代のピークが75歳になる2025年と言われています

 

支持率が高い現政権ですが、社会保障に関しては誰も期待していないんじゃないでしょうか?

 

ですので少しでも節約し、将来に備えたいと思う人たちの参考になれるようなブログに

 

できたらと思っております

 

実際には次回#2から始めていきますが 先にも書きました 国民健康保険 について

 

都会と田舎ではどのくらいの金額の差があるのか 書いていこうと思っています

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #100

汗ばむ季節になってきました

 

今回も

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #8

 

です

 

今回は今までの総まとめとして簡単に書いていこうと思います

 

田舎は

 

人口減少や経済衰退を解決する目処も具体策もなく

 

ただただ急速に人口が減り衰退していくのを待っている

 

地方によりけりだが、10数年も経たないうちに 

 

急速に経済は衰退し町は疲弊し

 

住民はさらに荒れ始めるという未来しか予測が経たない状況です

 

今現在でも、町内会とそれと癒着する役所やクソ老害市議町議は

 

土着老害の支配下にあり言うなりであり

 

新参が来て、改善しようにも何も動かず

 

違法だから頼むからやめるようにと言っても

 

聞く耳も持たない

 

逆に新参のやることなすこと気に食わない迷惑だと

 

話し合いという名目の命令を行い

 

対話しようにも一方的な命令をしてくるだけ

 

老害の命令に従わないと

 

怒鳴り散らして命令に従わそうとする

 

命令に従わない人間を 自分勝手だとか 裏切り者だとか罵り始め

 

その風評を親兄弟職場にまで言いふらしてくる

 

経済もクソ 住んでる人間もクソ 役所などのシステムもクソ

 

土と木と草しか魅力がない

 

 

さてあなたは田舎にどんな希望を持って移住するのでしょうか?

 

あなたは田舎の現実を知っていますか?

 

それでもなお地方創生をあきらめないのはなぜでしょうか?

 

自力で立つ方法を 探しもしないやる気もない

 

ただただ助けてくださいと中央から税金をむしり取ろうとする老害の餌食に

 

なるために わざわざ自分から進んで移住したいですか?

 

クソな地域は一度徹底的に衰退させ消滅させないと再生しないのです

 

もっと言うと日本も徹底的に衰退するまで誰も何もしないでしょう

 

よく言われることですが、

 

日本の風土は好きだが、システムは嫌い 

 

あの土着システムを一度潰しさないと人は減る一方でしょう

 

しかし田舎に住んでみてわかりました

 

土着老害は変わりません なのでシステムも変わらないのです

 

田舎を一度潰して再生させる為にも

 

田舎への移住をやめ、過疎化を推進して潰し、

 

明るい未来の地方創生に一票を投じてみませんか?

 

今回で第1章は終わりです

 

田舎暮らしを検討されている方 乱文を我慢して

 

お読みいただき大変ありがとうございました

 

また現在田舎に移住して老害に苦しんでいる方は

 

私のブログを見て自分だけじゃないんだ と

 

少しでも勇気づけられたり、ご参考になれていたら幸いです

 

また、もしこれを読んでいる既得な地方老害の方々

 

対策が何もない今、100%地方から急速に衰退していくので

 

おたくが生きている間にも住んでいる地域が消滅するのは覚悟しといてください

 

人を変えることはできません 自分は変われるのです

 

明るい未来は腐った老害システムと戦って勝ち取るしか方法はないのです

 

システムを変えるには 移住をやめ 過疎化を促進させて

 

一度地域を潰すしか方法はないのです

 

あなたも戦いませんか?

 

簡単です

 

ただ田舎へ移住するのをやめるだけでいいのです

 

日本の田舎へ移住するなら東南アジアの方がよほど楽で安くて楽しいですよ

 

第1章 終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #99

すっかり春らしくなってきましたね

 

さてこのシリーズも終盤に差し掛かりましたが 今回も行きましょうか

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #7

 

地方創生の具体策と成功例はまだ見つかってない

 

です

 

今、地方創生 自治体が消滅する 大変だ 大変だ

 

と騒いでいる(ふり)をしておりますが

 

短期的に少し良くなった地域があるものの

 

中長期的に見て地方創生の成功例や具体策はまだ見つかっておりません

 

ただ金をばら撒いてはおりますが、具体策がないので実質的に何も対策をしていないのが現状です

 

正直地方自治体にも危機感が見られないところが多く、金の裁きかたを考えているだけです

 

ということはどうなるかと言いますと、最悪の結果に向けて着々と落ちていっている

 

ということです

 

日本全体がじりじりと落ちていっているわけですが、都市部は緩やかに

 

地方は格差があるものの、急激に人口減少により経済が落ちていく事が決定している

 

ということです

 

ならば本来なら、どうお金がかからないように地方や地域を閉じるのか を考えなけれ

 

ばなりませんが、土着にこだわる人たちはぜったいに 我が町に繁栄を という主張をするわけです

 

この方たちの主張を聞いていると必ず失敗します。それも大失敗です

 

大金をかけて対策をかけてしかも失敗するという最悪な結果を招くでしょう

 

その一例が震災の復興です

 

さてあれを見て成功していると思っている方がどのくらいいるでしょうか

 

ゼネコンの人たちが喜んでいるだけにしか思えません

 

実は今、地方創生と銘打ってやろうとしていることはそれと同じことなわけです

 

私は以前に観光に力を入れなければ ということを書きましたが、

 

どうもそれも蓋を開けてみると、いうほど地方にお金は落ちずに、インフラなどが

 

儲けるばかりで結局 地方は朽ちていく という案件ばかりらしいです

 

結局、今現在、有効で具体的な対策は見つかっていないということなのです

 

私はそれでも田舎に住みたい という人は過疎化し疲弊した時の大変さを

 

まだよくわかっていないか、いつでも逃げられるということなのでしょう

 

地方でも都市周辺以外はある程度差があるものの急激に疲弊していきます

 

それでもこれから田舎に住もうとするには相当な覚悟が必要ですので

 

そのことを重々覚悟した上で検討してみてください

 

私はあのまだ なんの努力もしないのに 我が町に繁栄を 

 

とかいっている老害連中と心中するのはまっぴらごめんですので

 

都市部へ帰りました。

 

今回は

 

地方創生の具体策と成功例はまだ見つかってない

 

でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #98

すっかり春になってきましたね

 

今回も

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #6

 

人口減少率が高い場所は避けろ 

 

です

 

今、地方創生とか地域活性とか色々謳われて対策風なことをやっていますが

 

人口減少で過疎化するのは複合的な理由によるところが多く

 

好転させるのは非常に難しいです

 

公共サービスもインフラもボロボロで

 

移住しない土着老人のためにクソ高い税金や社会保障費をどうしても払いたい方は別として

 

数年腰掛けで田舎暮らしをやってみるとしても、そんな中途半端な場所を選ぶ必要はなく

 

どうせならもう過疎化して人なんて老人すら誰もいなくて

 

インフラも自治体も壊れてしまっている場所を選ぶ方が田舎暮らしを体感できるかも

 

しれません

 

ずっと書いてきましたが、田舎暮らしをしてみたい人は 不便とかを楽しもうという

 

人たちだと思いますが、田舎暮らしをするにあたって一番の障壁は 人 なんです

 

過疎化を止めたい 地域を活性させたい という場所は

 

田舎を牛耳っている利権を手放したくない頭の固い排外主義の連中を追いやる必要があります

 

しかし現実的にそれは無理ですので、地域活性はできずに

 

どの地方もどんどん衰退していっているわけです

 

ですごく面白いのは、衰退している地域の土着民と話すと

 

ここらが衰退すると言っているのはよそ者のお前らだけで わしらはそんな事全然思ってない

 

と口を揃えて言うのです

 

実はこれこそが過疎化を加速させる大きな理由の一つなのです

 

現実を直視できない 認めたくないので 大胆な対策も打たない 

 

よって過疎化がさらに加速する悪循環です

 

対策風なことはしますが、それは土着民にとって全く影響のない効果のない方法しか取りません

 

こういう場所はがんじがらめで何も行動ができません

 

以前にも書きましたが、何か新しい事を始めようとすると

 

迷惑だー 迷惑だー と騒ぎ始めて叩いて快感を得ようとする連中しかいません

 

なので人口減少率が高い=新しい人や方法を受け付けない差別的な排外主義者が多い という図式も成り立ちます

 

今回は

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #6

 

人口減少率が高い場所は避けろ 

 

でした