読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #83

2017年がやってまいりましたね

 

今年もよろしくお願いいたします

 

さて今回は

 

田舎では経済的にやっていけない です

 

先日 日本老年学会が 高齢者と言う定義を75歳以上にすると発表しました

 

昨年末には内閣府が高齢者の定義は70歳以上にすべきと発表しています

 

みなさんお分かりの通り、いつものようにこれは布石です

 

最近の高齢者は元気だから まだまだ若者には負けないから働ける

 

いいことだと思います。

 

しかし今回の発表は 年金支給開始年齢を引き上げるということです

 

段階的に引き上げるでしょうから まず数年のうちに70歳に上がります

 

その数年後には75歳に引き上げられるでしょう

 

そしてさらに80歳とされるのは誰もが予想できることかと思われます

 

さて、年金の支給開始年齢が引き上げられるということは、年金納付年齢も

 

引き上げられるということです

 

75歳になっても年金を支払い続けなければならないわけです

 

80歳まで収入を作り、年金を支払い続けなければならないのです

 

そして年金とともに国民健康保険税額も上がり、介護保険料も上がっていきます

 

それらを賄う収入が65歳を過ぎても必要になるわけです

 

働くのは構わないと思いますが

 

私は 定年するのか 働き続けるのか 加入者が決定できるシステムが必要だと

 

思っています

 

さて本題に入りますが 65を過ぎてもそのような収入を田舎に移住して得られるでしょうか?

 

10年後には、さらに効率化が進んで、美味しい部分は都市部に吸い取られる仕組みが

 

確立していきます

 

地方のほとんどは何も考えずに働いていますので、効率的な仕組みは

 

中央が考えて地方を従わせているわけです

 

地方での娯楽や買い物がショッピングモールになってしまった現在を見ればわかりますが

 

美味しいところを中央がほとんど持って行っています

 

要は地方にまともな仕事が無くなっていくということです

 

仕事をやろうと思ったら田舎では移動手段の自動車は必須になります

 

正直、田舎は自分で考えて儲ける知恵のない人ばかりで

 

フランチャイズなど中央や税金にすがる人ばかりです

 

65歳を過ぎても、最低賃金以下でショッピングモールなどでこき使われ続けるということです

 

そしてその仕事を若者と奪い合うということです

 

定年を過ぎて、年金をもらいつつ、貯金を切り崩して静かに田舎で暮らそう

 

が可能なのは団塊の世代までです

 

もし若い今のうちに、田舎に移住したとしても10年後20年後には

 

仕事がなくなってしまい、都市部に戻ることになるでしょう

 

なぜなら、その頃には定年支給開始年齢が引き上げられているからです

 

田舎にうじゃうじゃいる、定年するはずの高齢者がまだ働いているからです

 

高齢者が低賃金になっても働き続けるということは、若者の仕事を奪うということなのです

 

田舎には仕事はありません 

 

それでもあなたは田舎に未来を託して移住しますか?

 

今回は 田舎では経済的にやっていけない でした

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #82

年も暮れですがみなさんいかがお過ごしでしょうか

 

みなさん クリスマス 年末年始 正月はどのように過ごされますか?

 

田舎に帰る人、海外へ行く人、国内旅行をする人 どこにもいかない人

 

様々だと思いますが 田舎の年末年始は実は荒れるんです

 

今回は 年末年始の町内会行事は悪口大会 です

 

これもう何回も書きましたので飽きた方もいらっしゃるかもしれませんが

 

何年経っても続いているので今年も書いておこうと思います

 

ほとんどの方は年末年始の休みには何をやろうか と楽しみにしていると思います

 

子供達もクリスマスプレゼントは何だろう、お年玉で何を買おうか、どこに遊びに行こうか とウキウキでしょう

 

では、田舎の老害たちは年末年始 何を楽しみにしていると思われますか?

 

彼らは 自分たちが気に入らない、おとしめたい人の悪口を

 

ここぞとばかりに集まった近所の老害に言いふらす機会があるのでウキウキなんです(笑)

 

ここで言いふらしてやろう風評を流してやろう あいつをおとしめてやろうと

 

もう準備万端です

 

なぜなら 老害たちは 他にすることがないんですから。

 

それが生きがいなんです。それによって社会の一員として参加している気になっているわけです

 

それが快感なわけです

 

風評や悪口というネタをたくさん集めてきた老害老害が群がるわけです

 

より酷い悪口を模造して言いふらす老害老害の注目を浴びるわけです

 

そしてその悪口ネタを持ち帰り、また他へ拡散させるのが老害の快感なわけです

 

中には、そんな悪口には本当が1割も入っていないことを知っている老害もいますが

 

内容が本当とか嘘とかは奴らには関係ありません。

 

そしてかわいそうに頭の悪い人がその悪口を真に受け、悪口を言われた人の家に

 

わざわざ観察に来たり畑や庭で作業していると睨みつけに来たりします

 

私は顔も名前も知らない人に睨みつけられたり、町内会行事に参加すると

 

なんであいつがここにいるんだ!と叫び出すクソババアがいたりして

 

最初は何が起こっているのかわかりませんでしたが

 

数年分析して ただの頭の悪い連中が文句が言いたいために騒いでいるだけ ということが分かったので

 

その後は、盛りのついた猫がにゃあにゃあうるさいのと同じ感覚で見ることができるよ

 

うになりました

 

猫はあんまりうるさかったら、バケツの水をひっかけてやれば止むので(笑)

 

女性が意味のわからないことでヒステリーを起こすのと同じで

 

男性ホルモンが減少した老人が、ババア化してヒステリーを起こしているわけです

 

あなたは田舎に移住してまで老害のヒステリーに付き合いたいですか?

 

それとも老害に混ざり、知りもしない人の悪口を流して喜びますか?

 

今回も 町内会行事は悪口大会 でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめたほうが良い理由 #81

寒さも本格的になってきましたね

 

今回は やりがい搾取 です

 

人気のドラマでのヒロインのセリフですが、これが共感を得て

 

一気にネット上で拡がりました

 

まさに田舎は やりがい搾取 に溢れています

 

町内会 消防団 地域行事 興味のない人から見ればやりがい搾取にすぎません

 

やりたい人には魅力的かもしれませんが、やりたくない人から見ればただの

 

時間とお金と労働力を精神力の搾取です

 

以前にも書きましたが

 

例えば溝そうじといえば 都市部の人たちからすると

 

道路脇の側溝の蓋を開けて、自分の家の前の数メートルをさらえば終わりでしょう

 

しかし田舎は違います

 

溝そうじという名前は付いていますが、田んぼや畑の用水路の清掃です

 

農民が利用する用水路を綺麗にするために、町内会の人間を引っ張り込むわけです

 

用水路ですから、ユンボでさらってそうじをするような用水路も含みます

 

地域の人間が全員農民ならば問題はないでしょうが、農業をしていない人間からは

 

なんでこんな役所がするような大仕事を俺たちがせにゃならんのか としか思えないでしょう

 

実際に用水路の清掃をすると自治体からお金が町内会に支給されます

 

しかし1日を潰して作業をした人間にビールの一本も出ません

 

地域の為に と言う理由をつけるとなんでも無報酬でやらなければ

 

まるで守銭奴、悪魔 あいつは恩を知らない などのような風評を流されるわけです

 

時間とお金と労働力を差し出せということです

 

ドラマに出てきた商店街の若い人たちのように、交渉などできません

 

恩というのは受ける側が有無を決めるものであって

 

おたくにしてもらわなくても結構なことをされて これは恩だ と言われても

 

非常に困るわけです

 

それを裏付けるために私は全てを断ち切って 彼らの言うところの 恩 をもらわない

 

ようにしましたが、何年生活しても全くこまりませんでした

 

それどころか 逆に彼らが介在してこなくなることにより

 

かなり生活の質が向上しました

 

こうなると気に入らないのは 恩を押し付けてきた人たちです

 

あれが迷惑だ、これが非常識だ、気に入らない、けしからんと

 

今度は攻撃が始まるわけです

 

田舎は やりがい 思いやり搾取で溢れています

 

昔は手間貸しと言って大きな仕事はみんなで行い、お互いに助け合う という

 

風習がありましたが、今はその悪い部分だけが残ってしまっています

 

仕事やライフスタイルが多様化して、娯楽も多様化していますので

 

このような作業はものすごい効率が悪いし何のメリットもありません

 

レクリエーションとしてやりたいのなら、やりたい人だけでやってください

 

町内会行事に出席した時の悪夢はずっと書いてきましたので

 

今回はこのくらいにしておきますが 

 

もしあなたが やりがい搾取 思いやり搾取 に反対だというのなら

 

絶対に田舎に越してはいけません

 

あなたがどうしても田舎に移住したい というのでしたら

 

周りに誰もいない 町内会や地域組織など存在しないところを選ぶことをお勧めします

 

今回は 田舎はやりがい搾取だらけ でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめたほうが良い理由 #80

すっかり冬らしくなってきましたね

 

今回は 「暴走する老人達」 です

 

最近、逆走したりアクセルを踏み間違えたりして死傷事故を起こした老人が

 

話題になっています

 

もうそういう記事も出ていますが、統計的に見るとそういう事故は

 

実は老人よりも若者の方が多かったりするので

 

最近のメディアの騒ぎ方には 私は何か意図的な物を感じますが

 

私が今回言いたいのは交通事故の話ではなく老人老害の思考の話です

 

皆さんは老人が反対車線を逆走している場面に出くわしたことがありますか?

 

私は数回、出くわしました。 全て、中央分離帯がある 片側2車線あるような

 

幹線道路でした

 

普通に道路を走っていると、数台先の車が変な動きをしているのが見え

 

それがどんどんこちらに近づいてくるので、私は工事をしていて避けるべきコーンかな

 

にかあるのか もしくはトラックか何かからの大きな落下物的な物が道路に落ちている

 

のかと思い、避ける用意をしていました

 

しかしその車が避けているところに近づくと 何と70歳くらいの老人が運転している

 

逆走している軽トラでした

 

他の車は驚いてただ避けていたのですが、私はとっさにこのままでは事故が起こると思

 

い クラクションを鳴らし、パッシングをしましたが、その暴走軽トラは

 

止まることも進路を変えることもなくこちらに突っ込んできました

 

それで私はとっさに避けたわけですが、その時の暴走している老人の表情が印象的で

 

パッシングやクラクションを鳴らした私だけではなく、正常に走っているすれ違う車の

 

運転手をにらみつけながら走り去ったわけです

 

後日、このことをいろんな人に話すと、逆走している人間は自分が逆走しているとは

 

間違っても思わないそうです。

 

なので、自分以外の周りの車がみんな違反をして逆走していると思ったのではないか

 

と言う結論にみんなで話して達しました

 

事実、逆走していた人の供述を読むと 自分は間違えて逆走している なんて間

 

違ってもわからないし途中でも気づいてないことがわかります

 

20代くらいの若者が逆走していたところにもあったことがありますが

 

パッシングしてクラクションを鳴らすとハザードをつけ止まり

 

窓を開け反対車線を走っていることを伝えると なんかおかしいと思ったと

 

すいませんすいませんとあやまりながら向きを変え走り去りました

 

老人と若者では同じミステイクでも大きな違いがあることがわかります

 

実はこれ、運転だけじゃないんです

 

思考も同じなんです

 

老害と言われている人たちは 自分が逆走したり暴走したり

 

違反をしたりなんてするわけもなく、

 

もう自分が運転ができるような反射神経も技術も思考も判断力も持ち合わせていない

 

と認めることができない人たちなんです

 

そもそも 自分たちが老人である ということすら認めない人たちです

 

認めるのは年金をもらったり控除や免除をしてもらう時だけです

 

自分が責められるような場面に出くわした時にだけ か弱い老人を演じる時だけです

 

世代の中で一番富を抱え込んでいるのもその意識を助長しています

 

自分が逆走暴走しているにもかかわらず、自分は悪くなく 自分は逆走はしていない

 

周りが逆走しているのだ という認識になり、そうではないといくら言っても

 

認めることはありません

 

ブレーキとアクセルを踏み間違えて人を傷つけたとしても 悪ぶれることもなく

 

ブレーキを踏んだが止まらなかった と他人事のように言う人たちです

 

そしてこれらの老人がある程度の固まりとなって暴走しているので あなたは間違って

 

いる、おかしいと止めるのは非常に面倒で困難であることが多く

 

最終的に何をやっても理解できなくなっている程もうろくしているのがわかったので

 

私がそれを教えるために行ったのは 老人が暴走している様と同じことを

 

私がやって見せてあげることくらいしかありませんでした

 

それを見て、 けしからん、気に食わん、イラつく と言い始めたならしめたものです

 

そうだろう お前ら老害も同じことをやっているのだよ と教えてあげてましたが

 

わしらはやっても構わんが、お前はやってはいかん と完全に破綻した論理を言い始め

 

て それでもわからない痴呆老害ばかりで 暴走は止まることもなく

 

これでは時間の無駄で救いようがないと判

 

断して私はここに書いてきたように 暴走老害は切り捨てることにしたわけです

 

どうですか 思考暴走している老害を止めるのがいかに難しいことがわかりませんか?

 

それでもあなたは田舎に移住して老害の思考の暴走に跳ねられながら生きていきますか?

 

大怪我を負いながらでも奴らの思考の運転を許して同じ地域に生きていくことができますか?

 

今回は 思考暴走する老人たち でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

団塊が要介護になる2025年には全国で38万人の介護職員不足が発生する恐怖

昨年2015年に厚生労働省が出した推計です

 

2025年度には介護サービスの利用者が増えて推計で253万人の介護職員が必要になりますが、今の増員のペースのままでは215万2000人しか人員を確保できない

 

結果、38万人の介護職員不足が発生します

 

そこで、今回、海外からの研修員制度の改正により介護職員を入れることによって

 

解消させようとしておりますが、現実的に1万人も調達できれば良いだと言われています

 

あれは事実上 海外からの低賃金労働者確保の出稼ぎ奴隷制度ですので期待はできません

 

日本では酷い働き方をさせられた という噂はどんどん広まっていますので

 

この先、このままの制度だと先細りになるのは目に見えています

 

では何がおこるのか

 

介護施設に入ることができない団塊老人が街中に溢れるということになります

 

それは何を意味するかと言いますと、現役世代の経済活動など生活を圧迫することになります

 

ただでさえ面倒な人が多い団塊世代が社会に野放しにされ、街に出れば知りもしない

 

団塊老人の介護をさせられることになるわけです

 

前にも書きましたが、団塊でなくても老人が多いと苦労させられるわけです

 

今、マスコミが目をつけ問題にしている 老人の車の運転による事故も右肩上がりになるでしょうし

 

ヨチヨチとしか歩けないような老人が散歩がてらに歩きながら、木の枝を折ったり

 

ゴミや石を庭や畑に投げ込んだり、人の家のガレージに勝手に入り込んで座り込み

 

危うく轢きそうになったりと大変です

 

しかし以前からずっと書いていますが、これに巻き込まれない方法があります

 

年寄りは引っ越すのを嫌がります。

 

ずっと生活してきたところで最後を迎えたいのです

 

なので、今のうちに老人や団塊の少ない地域に移住してしまうのです

 

そのうちに とか 定年を迎えて とか思っているとあなたも初老になってしまい

 

移住するのが面倒になってしまいます

 

そもそも、私たちが65歳になる頃に定年制度なんてあるかどうかもわかりません

 

年金は厚生年金で平均年14万円減額される法案が湧き上がるという噂もあります

 

近所に住んでいるだけで団塊老人に消耗させられるお金も時間も私たち世代にはないのです

 

私は10年後には日本にいない予定で動いております

 

収入も生活満足度も住む場所で決まるのです

 

それで解消される長年の悩みはたくさんあるはずです

 

老人に振り回されない生活を手に入れる具体的な方法をそろそろ考えてみては

 

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #79

寒暖を繰り返しながら、冬も本番を迎え始めましたね

 

さて今回は 田舎は無法地帯 です

 

これ以前からずっと書いておりますが 本当に一番困るのはこれです

 

様々な犯罪行為は過去投稿を見てもらえば分かりますが

 

どう解決させようかと考えておりました

 

しかし犯罪老害がどんどんお亡くなりになるにつれ

 

被害は縮小して行ったのですが、必ずその後継が同じようなことを始めるわけです

 

それが若いうちは軽い犯罪なのですがそれが歳をとるにつれエスカレートしてきます

 

まるで年寄りは何をやっても許されると言わんばかりのエスカレートぶりです

 

一番困るのが、留守にした時の敷地内への侵入、器物破損です

 

これダミーの防犯カメラをこれ見よがしに見えるところに設置すると

 

しばらくは止むんですが すぐに慣れて始めます

 

まるで動物よけを設置している農家の気分です

 

多分害獣と同じ程度の脳みそなんでしょう

 

それならルールや法を認識できないのも納得できます

 

ここに入って良いのか これは勝手に切っていいのか 

 

動物に判断できるはずもありません

 

害獣ならぬ老害の侵入を防ぐわけですが

 

何回、勝手に侵入して木やら竹やら勝手に切っているのをこちらは知っていると

 

勝手に入るな切るなと言っても、それとは全く関係ないこちらへの文句を言い始め

 

お前が悪い お前が悪い としか言わずに止めようとしません

 

さすがに私が家に居るとき 私の眼の前ではやりませんが

 

私が出かけたのを確認した時、私が寝ていると思っている早朝

 

もしくは暗闇で見えないと思っている夜に 

 

まるで空き巣のように足音を立てずにうちの敷地に侵入してきて

 

勝手に竹や木を切ったりします

 

面白いのはそういう老害やその息子が田舎では普通の人として生活できることです

 

逆にこちらがまるで極悪人のような扱いをされます

 

そして老害はずっと早朝や深夜、また留守の時にまるで空き巣のように

 

他人の敷地に侵入してきて器物破損をしている姿を録画され

 

保管されていることに気づくことなく

 

自分は私に気付かれることなく バレずに不法侵入と器物破損を繰り返し

 

鬱憤を晴らしている 賢い人間だと勘違いしたまま死んでいくのかもしれません

 

バカは死ななきゃ治らないというのは本当です

 

犯罪老害を治す薬も方法もどこにもありません

 

それでもあなたは老害と付き合うために田舎に移住しますか?

 

あなたには老害を駆逐する忍耐力がありますか?

 

今回も 田舎は無法地帯 でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #78

すっかり秋らしくなってきましたね

 

さて今回は

 

地方市政はめちゃくちゃ です

 

最近、地方市議による領収書の改ざんなどで不正な政務活動費の使用が明らかになり

 

悪ぶることもなく次々と地方市議が辞任しておりますが

 

地方に住んでいる方はご存知かと思いますが

 

地方の議員のレベルはそんなものなのです

 

東京都でもあのレベルなのです

 

中にはまともな人もいるとは思いますが

 

田舎に行けば行くほど、酷くなります

 

出馬すれば必ず当選する というか 候補者が定員分しか出ず

 

選挙を行うことなく市議町議が決まる なんてこともざらです

 

そんな人たちが市政を行っておりますので

 

もうなあなあのズブズブなんてことがあっても不思議ではありません

 

予算を誰にどう分配し効果を生み地方を維持していくのか

 

そんな人たちに託されていることを意識している住民は果たして何割いるでしょうか

 

加えて田舎では新参者こそ大事にしなければ地域はどんどん廃れていくのに

 

新参なんて相手にしてません。土着老害の言うことはハイハイとよく聞きますが

 

新参が何か言っても あからさまにそうは言いませんが

 

結局は だまっとれ で終わりです

 

土着は大事にするがよそ者は食い物にしかしない ということです

 

そんな所に行って あなたは幸せになる自信がありますか?

 

あなたは力があり志の高い地方市議を何人知っていますか?

 

表面上ではなく移住者を受け入れ大事にする地方を知っていますか?

 

移住する先はよくよく考え、もし ここはダメだ と思ったら

 

すぐに他へ逃げられる用意をすべきです

 

今回は 地方市政はめちゃくちゃ でした