読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #91

ちょっと寒の戻りがありますが、だいぶ春らしくなってきましたね

 

新年度が始まりますので 田舎では土着農民が町内会でひと騒ぎする準備をしているという感じでしょうか

 

さて今回は

 

田舎に移住した若者は団塊介護保険に殺されるかも です

 

皆さん介護保険はご存知かと思います

 

40歳から強制で支払わせられる介護保健という社会保障制度です

 

これ3年に一回 見直されて改正されているのをご存知でしょうか

 

国民健康保険も改正されていますが、介護保健も改正されています

 

来年2018年は介護保険の改正年度なのですが、その議論は今もずっと行われています

 

そして現段階で出ている案を見ることにより、将来どうなるかを推測することができます

 

一つは安倍内閣が打ち出している方針を見ればほぼ分かりますが

 

国としては面倒は見切れないから家族で介護しなさい というのが大まかな方向です

 

しかしですね、改正案を見ているとどうもそれだけではなさそうなんです

 

18年改正案には

 

軽度要介護者へのサービス縮小

 

75歳以上の介護保険料の負担増(1割から2割へ)

 

などがありますが、私がびっくりしたのは まだ先になりますが以下の事があります

 

介護は家族だけでなく地域総ぐるみで助けさせ、介護負担を軽減させた地域には

 

補助金を出す

 

というものです

 

これどういう事かと言いますと、はっきり言いまして団塊対策でして

 

家族と離れて暮らしている もしくは身寄りのいない団塊世代を 

 

他人であろうがなんであろうが

 

その地域に住んでいる近所の現役世代が面倒を見なければならない という案です

 

でその面倒を見たとしても国から出た補助金交付金も結局団塊に使われてしまう

 

ということです

 

しかも現役世代の介護保険料の支払い開始年齢を40歳から引き下げようという案もあります

 

もしあなたがリタイヤした団塊がうじゃうじゃいる地域に越したとすると

 

ただでさえ金もなく人数も少ない若者世代は

 

保険料は取られるわ介護はさせられ時間を取られるわで はっきり言って地獄絵図です

 

団塊世代の介護の為に生きていると言っても過言ではない日が来るかもしれません

 

老人の多い地域に移住してしまうと地獄になるということです

 

現在でも 計算上、金がない老人が多い自治体の健康保険料は高いはずです

 

都市部でも老人比率は高いですが、田舎の比ではないはずです

 

しかも今までに書いてきたような田舎のキチガイ老害と付き合わなくなるとしたら

 

あなたはどうしますか?

 

ピークの2025年の頃には、保険料だけでなく、時間や労働までも

 

団塊世代に搾取されていくということを予見させる案が出てきています

 

ずっと書いていますが、これからは住む場所で人生が左右される割合が大きくなります

 

それでもあなたは保険料だけでなく 金にもならない老人介護をする為に田舎に移住しますか?

 

今回は 田舎へ移住すると団塊の介護保健に殺されるかも でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #90

暖かく春らしくなってきましたね

 

こんな時期は田舎に言って日向ぼっこでもしたいという人は多いんじゃないでしょうか

 

今回はですね 田舎の老害は挑戦する勇気をくじく です

 

皆さんは田舎に移住して何をしたい 何かに挑戦したいと思っていましたか?

 

畑を開墾して自家栽培をして野菜を美味しく食べたい

 

古民家を自分で修理して庭を自分で作りたい

 

友達をたくさん呼んでバーベキューをしたい

 

広い敷地で自転車や自動車、バイクをいじって遊びたい

 

薪ストーブを導入して薪割りをしたい

 

庭を作ってガーデニングを楽しみたい

 

いろいろあると思いますが、田舎の老害

 

こういう挑戦をしていると あざ笑います

 

例えば、私が畑仕事をしていると それをあざとく見つけた老害

 

「よう、おままごとやっとるのか」 と話しかけてきます

 

最初は笑っていましたが、ずっと何度も続くとそれが嫌味だということがわかります

 

それで例えば 芋を植えていたとすると

 

「それじゃあダメだ」と言い始め、「何かおかしいですか?」と聞き直すと

 

「おかしい」というので、「どこを直せばいいでしょうか?」と聞くと

 

「まあまあ 適当にやればいい」と捨てセリフをして 何もアドバイスをすることもな

 

くいちゃもんだけを言って通り過ぎていきます

 

しばらくするとまた違う老害が来て やはりダメ出しをするわけです

 

それでどこがおかしいのか聞いても答えません

 

そこからいつもなら誰も通らない時間帯なのに

 

どこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてダメ出しをしていくわけです

 

結局そのまま栽培して豊作になると、今度は あんなに大量に作って誰が食べるのか

 

たまたま上手くいっただけだ という文句が出てくるわけです

 

同じようなことで、例えば、家の壁とか屋根を修理しているとします

 

そうすると老害がやってきて 「どうした家を壊しているのか」と話しかけてきます

 

そうすると「不格好だのう」とやはりダメ出しをしてくるわけです

 

それでやはりどこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてその作業をした箇所を

 

確認しにやってくるわけです

 

次の日にちゃんと乾いているかなどの確認をしながら、達成感を感じながらお茶を飲ん

 

でいると 次の日はババア連中が束でやってきて、作業をした箇所を指をさしてクスク

 

ス笑いながら通過していくわけです

 

これすごくて ただ畑の草を刈っただけでも 車でいちいち停車してダメ出しする箇所

 

がないか確認していくわけです

 

庭で庭木の枝を切っているだけで出てきて文句をたれるわけです

 

晴天の日に布団を大量に干しているだけでもババアが集まってきて

 

家の前でああだこうだと指をさしながら文句をたれにやってくるのです

 

何をやっても確認しに来て 失敗だけでなく成功していても 文句を作り上げるわけです

 

これは 新参者の問題探しをしてダメ出しをし、失敗した者を吊るし上げ、責め立てて

 

挑戦する勇気をくじこうとする行為なのです

 

実は私も一時期は嫌になって辞めかけたのですが、それでは老害の思う壺だという

 

ことだと決意し 全く気にすることなく再開しました

 

すると今度は 以前のブログにも書きましたが、妄想で犯罪を作り始めたり

 

わけわからないことで怒り始めたり

 

通報を始めたり、意味のわからない文句を言い始めて とにかく支配しよう

 

としてきます

 

日本全体に言えることですが、田舎にはこういう悪しき文化が色濃く残っています

 

要は 自分で自分のやりたいことを見つけることができない変わることを嫌う

 

挑戦をやめてしまった無能連中の暇つぶしなわけです

 

そんな場所であなたは落ちることなく上がっていけますか?

 

それでもあなたは田舎に移住してみたいですか?

 

今回は 田舎の老害は新参者が挑戦する勇気をくじく でした

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #89

だいぶ暖かくなってきましたね

 

年度始めが近づいてきて、田舎の町内会もにわかに騒がしくなっているように思います

 

さて森友学園のネタが次々と発覚してきて、

 

話題が連日尽きないようですが、現状を見て皆さんはどう思われますか?

 

以前にも話しましたが、田舎というのはリベラルなんかではなくガチガチの保守です

 

正確には保守はもう日本には存在しないのでエセ保守です

 

しかし都合の良い隣組の相互監視機構などはきっちり残しています

 

なぜなら彼らから風評をとると何も武器が残らないからです

 

彼らはどこを目指しているかと言うと北朝鮮のような独裁です

 

お国のため、天皇のため 自己犠牲をも厭わないと言いながら 園長を絡む人間たちは

 

どういう行動をとっているでしょう?

 

皆自分は関係ないと自己保身と尻尾切りに走り、お国のため、天皇のため 自己

 

犠牲を厭わない という教育信念を子供に教えていた園長他は 自分は裏切られた 

 

相手は嘘を言っている とグニャグニャとのたうちまわっている

 

さて あれのどこが保守なのでしょうか?人に押し付けていた忠誠心は?全体主義は?

 

愛国心 という言葉を使い、お前らはお国に忠誠を誓え と言っているのに 

 

いざ自分が国の犠牲になろうとなるとああだこうだと自己保身に走る

 

今回の件でかなり一般にきちんと本性が拡まったと思います。

 

愛国心 とか お国のため とか 天皇のため とか

 

中国は悪い朝鮮は悪い沖縄は悪い

 

と二言目に言っている人たちのほとんどは それを道具として利用しているだけなのです

 

トランプは田舎の貧困層を利用し選挙に勝つ道具として利用しました

 

園長は国などとつながるパイプとして利用しました

 

そして田舎でも風評や嫌がらせなどの道具として利用されています

 

全て支配の道具として利用されているのです

 

あなたは田舎に移住して 法も理屈も通らない田舎の老害たちに支配されたいですか?

 

わしは許されるがお前らはダメというジャイアンのような

 

利己的な感情で人に強制し物事を押し通す老害に支配されたいですか?

 

何もしなくても既に若い世代は年寄りの負債を背負わされています

 

彼らは変化を嫌います。死ぬまで変わらないし終わりません。

 

どうでもいいことをさも問題のように大げさに取り上げ、

 

風評を道具として使い排外主義に勤しむ老害の暇つぶしに

 

わざわざ田舎に越して付き合いたいですか?

 

さらに老害たちの負債を背負いたいですか?

 

今回は森友学園のニュースを受け その2 でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのは辞めた方が良い理由 #88

連投となってしまいますが

 

最近話題になっている森友学園について

 

私は普段はワイドショーやそれに近いニュースショーを見ないのでどういう幼稚園なのか

 

ラジオと活字でしか知らなかったのですが

 

教育勅語を言わせている映像やら、安保法案を通してくれてありがとう など

 

言わせている場面を見たり、いろんな報道を聞いたりしていますと

 

ちょっと田舎と被る部分を感じましたので

 

タイミング的にちょうど良いので少し書いてみようと思います

 

まず 思想が右とか左とか、教育勅語がけしからんとか

 

どこの学校や幼稚園に通わせるとか

 

そんなものは自由ですので好きにすればいいと思っているのを踏まえて読んで欲しいのですが

 

最初に皆さんは田舎にどういうイメージを持っていますか?

 

自然に囲まれ、自由で縛りがなく開放的で癒される場所

 

そんな感じでしょうか?

 

先日、テレビでとある哲学者の方がこんなことを言っていました。

 

都会はシステムが出来上がっていて、それから逃れることができない

 

なので田舎に移住して楽しく墜ちていく生活を選択する若者が最近は多い そうです

 

農業を始めるという人はほとんどいなくて、ほとんどはIT系だそうです

 

前にも書きましたが、ネット環境が充実していれば IT系と言うのは実はどこでも仕事

 

ができます。

 

日本の田舎でもできますが、もっといいますと海外でも全く問題ありません

 

さらに言うと定住する必要もないかもしれません

 

楽しく墜ちていく生活を求めて田舎に移住する。それは一部その通りだと思います

 

楽しいのか幸せなのかはそれぞれの主観ですのでなんとも言えませんが

 

田舎には一部自由があります。しかしそれは墜ちていく自由しかありません。

 

都市部のように昇っていく自由は田舎には今は存在しません

 

田舎にいて昇っていこうとすると必ず大きな障壁にぶち当たり 長きにわたり築かれ

 

固定化してしまったその壁をぶち破ることは不可能となっています

 

その障壁は多くは土着民です

 

はい、前に哲学者の方がおっしゃったように 都市部だけではなく

 

田舎もシステムががっちりと組まれていて

 

それから逃れると生きていけないような仕組みが出来上がっているわけです

 

そこに土着が長きにわたり居座っているわけです

 

実は現実はみなさんの田舎のイメージとは真逆なのです

 

非常に支配的で抑圧的な人たちが けしからんと総攻撃してきます

 

なぜならそれを許すと、支配の秩序が壊れ、自分たち土着民が無能であるという

 

現実を見なければならなくなるからです

 

 私は都市部に行くと非常に自由を感じます

 

いろんな可能性を感じますし、昇っていく期待感も感じることができます

 

逆に負けると非常な敗北感に陥る人もいるでしょう

 

しかし田舎に行くと 墜ちていく負け しか選択肢がないのです

 

疲弊感と排外主義、差別主義、変化を嫌うガチガチの土着保守の集まりで

 

がんじがらめに縛られて 何も変えない、何にもできない不自由さしかないと思っています

 

それで最初に戻りますが、森友学園の教育方法を見て

 

なんだか気分が悪い、気持ち悪い あんなとこに子供は通わせたくない

 

と少しでも思った方は、田舎暮らしは100%向かないと思います

 

相互監視の隣組の風習がまだ残り、支配されやすい人間を褒め

 

老害団塊に意見を言う人間を寄ってたかって袋叩きにし

 

地元人間以外は排除しようとする支配的住民です

 

TPPまではJA農家は自民支持だったことからわかるように

 

田舎は今でも戦前の風習を色濃く残す土着で支配的で差別的な おみぎ天国なわけです

 

それが好きな方は田舎に移住してもいいと思います

 

しかしあなたは絶対に支配する側にはなれません

 

そういうシステムが出来上がっているわけです

 

それが崩れる時は、過疎化した時だけです

 

都市部も経済的に支配されているといえばそうですが

 

それを言うと日本全体がそうなので都市部に限った話ではありません

 

今回は森友学園問題の報道を見て

 

メディア、特にテレビはあんなに森友学園のような保守的で排外主義で差別的な

 

自称愛国者のような行動は叩くのに

 

なぜだか同じような事が起こっている田舎には勘違いさせるような幻想を抱かせるのか不思議に思い

 

今回緊急に書いてみました

 

子供は挨拶をするから素晴らしいのではないのです

 

子供がそれを やらされている と感じた時点でクソなのです

 

何回も言いますが、田舎はたまに行くからいいとこなんです

 

息抜きに数年賃貸を借りて住んでみるというのもいいでしょう

 

すぐに出ていくという住人には排外主義者たちは何もしないです

 

しかし絶対に定住はお勧めしません

 

それは森友学園を見ればわかるとおりです 

 

今回は 森友学園の報道を受けて でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #87

さて早いもので3月がやってまいりました

 

年度末は忙しい人もたくさんいるのではないでしょうか

 

さて今回は

 

田舎の老害は暇人

 

です

 

4月は年始ということもあり、3月中に町内会での役員や行事が決定したりして

 

老害が集まる機会がたくさんありますので そのたびに文句合戦となり

 

正直田舎は盛り上がり荒れます

 

違法でもなく強制力もない どうでもいいことにクレームを入れ会員内で騒ぎ立てるわけです

 

これは春一番のようなものだと思っていればよくて

 

反応も相手もせずに放置していればそのうち通り過ぎてしまいます

 

このように老害というのは、あいつは悪い あいつは悪人だ あれが気に食わない

 

あれが許せない と永遠に近所の連中に言っていたいのです

 

なぜなら、そう言うことにより町内での自分の居場所を確保し、自分は正義と言う立場に持って行きそれを維持したいからです

 

もう自分が社会から認められる方法がそれしかなくなったという話です

 

1年中ずーっと変わらず生活していましても、お前気に入らない と

 

なぜだか盛り上がる時期と静かな時期があります

 

ずーっと私は何も変わっていないのにです

 

要は奴らが騒いでいる内容というのは、実はどうでもいいことなのです

 

若者が何をやっても文句を垂れたいお年頃なのですw

 

そこで今回のテーマにつながるのですが

 

田舎の老害というのはなぜ発生するのか

 

奴らには幸か不幸か定年があります

 

私たちが今現在 設定されている定年年齢になる頃には支給開始年齢も引き上げられ

 

年金なんてもらうこともなく死を迎えることでしょう

 

年金自体は破綻させるわけにはいかないので、それ自体は存在するかもしれませんが

 

支給してもらえる人は稀な人となるわけです

 

しかし今の老人には定年があり

 

定年になることにより、一気に時間が増えるのです

 

それなら 例えば南の島にでも行って毎日読書をするとか

 

旅行をして楽しむとか 

 

そこまでいかなくても 毎日何かしら自分のやりたいことをして

 

有意義に過ごせばいいのですが、大体 健康を理由に田舎の老人はほとんど何もしなくなります

 

そもそも田舎には娯楽がありません

 

社会的な地位が消え去り、社会から必要とされなくなり

 

子供からは邪魔者扱いされ 誰も自分たちを頼りにしなくなる

 

やることといえば、畑仕事か散歩か掃除か

 

まあここまではいいのですが

 

これが進むと近所への文句のネタ探しの散策に行動が移ります

 

あれが迷惑だ あれが困った あいつは酷いやつだ と寄り合いの時に近所に言うネタ探しです

 

それで自分が役に立っていると勘違いするのです。

 

酷くなってくると 近所が出かけた隙に人様の敷地に侵入したり、物を壊したり 枝を

 

折ったり切ったり

 

こんなことをわざわざしてくるのは 奴らが暇人であるからです

 

定年がやってきて、時間が余っても それを有意義に使う方法をあの世代は知らないのです

 

毎日仕事等が忙しかったり、リタイヤしていても充実している人たちはそんなことはし

 

ません。気にもとめません

 

こちらが働いて 奴らの年金を払っているのに、それによって暇になったから

 

暇つぶしに現役世代に嫌がらせをされてはたまったもんじゃありません

 

なので思うのです。年金制度はすぐにカットしたらどうだろうかと

 

今もいわれていますが、定年はろくに体が動かなくなってからでいいのではないか

 

そしてそれは今すぐ実行しなければ意味がないのです

 

それを国民に強いるのであれば 最初は公務員から実験的に実行しなければなりません

 

公務員の年金3号は昨年10月から潰されたのでどちらにしても働かないといけないでしょう

 

まあこれは日本では実現しない夢物語ですのでこれくらいにしておいて

 

とにかく老害を生む要因の一つとして 定年制度による年金支給があるのは否めないでしょう

 

もうとにかく暇が奴らの嫌がらせや妄想や風評を助長しています

 

パート程度しかやっていない専業主婦も同じことです。他にすることがないわけです

 

今回は 老害の要因の一つに暇を作る定年制度がある でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #86

2月に入っても寒いですね

 

さて今回は 老人は全く先の事を考えていない です

 

私はもうほとんど田舎にはタッチしていないので

 

最近は少しはマシになってきたのかなと思っておりましたが

 

どうもまだ高度成長期の思考から抜けていないことを言っているようです

 

都会に住み雑踏に紛れていたり

 

田舎に住んで団塊の中に埋もれていると気がつかない人も多いと思いますが

 

日本はじりじりと沈んでいっています

 

失業率は改善されましたが、若者は超低賃金で働かされています

 

株価はある程度回復しましたが、トリクルダウンは起こらず

 

相変わらず景気は低迷したままです

 

それに追い打ちをかけているのが人口減少です

 

これから目に見えて人口が減っていき

 

今もすでに見えていないだけで空き家がどんどん増えていて

 

どうやって社会生活を維持し インフラをどうするかを考えねばならないこの時期に

 

また辺鄙な田舎の山奥の道路を整備しろとか開発しろとか

 

そのくせよそ者は通過させるなとか 先の事を全く考えていない老害

 

田舎には存在します

 

東京でもオリンピックだなんとかかんとか理由をつけて その先使うかもわからない

 

維持すら難しい箱物に潤沢に税金を注ぎ 借金を未来世代に残しても

 

平気な老害がいますので不思議ではないとも言えます

 

これ ものすごい虫の良い話で

 

あと何年そこで生きようと思っているのかは知らないけれども

 

あの田舎がこの先繁栄するはずもなく どんどん人口が減るのが明らかな中に

 

しかもそもそもが、辺鄙で不便で固定資産税の安い田舎の斜面に家を建てておいて

 

不便だなんとかしろ とはこの低成長時代にどんな頭をしているのかと疑いたくなります

 

これから地方は 中心部以外のインフラを捨てていかなければ維持できなくなります

 

”5年以内に過疎予備地域のインフラ整備はやめます

 

それでも住むのは自由ですが インフラがなくなっても文句は言えませんよ”

 

と言う政策に地方自治体は舵を切りざるをえなくなるのです。

 

選択肢はありません。それは夕張を見ればわかることです

 

自治体はなかなか破綻はしないと思いますが、

 

公共サービスがほぼ不可能になる状態に陥ることはあります

 

富んだ地域と貧困地域で行政サービスに大きな差が生じるということです

 

団塊以上は時代の変化についていけていないので高度成長期の思考から抜けることが

 

できていませんし理解ができないかもしれませんが

 

これからよりよく長い目で維持し成長する為には よりよく選択し縮小させることが必要なのです

 

排外主義とは縮小することなのです

 

もしそれが嫌なら移民を受け入れるしか方法はありません

 

しかし日本人に対しても特に排外主義が顕著な田舎では 

 

例えば村民より多くの中国人が移住してきて

 

住民としては当たり前の権利を主張したなら、大反発するでしょう

 

そしてもし日本が移民を受け入れるとするなら、

 

学歴や職歴で篩を掛け 優秀な人物だけを移住させてくるので

 

もし田舎に外国人の移民が来たとしたら

 

その外国人達はみんな ろくな大学しか出てない日本の田舎の人間より賢い人たちなのです

 

それらを拒むなら道は縮小しかないのです

 

孫が可愛い可愛いと言いながら、孫が将来稼ぐであろう賃金から借金をさせ搾取して

 

年金をもらっている老人には全く理解できないかもしれませんが

 

日本は移民を拒み多様性を捨てて縮小させていくか

 

移民を受け入れ多様性を取り成長していくか

 

その2択しかないのです

 

後者になった場合、地方で公務員か土方か農業、漁業しかできなかった日本人たちは

 

外国人に雇われる形となるわけです

 

そしてどちらをとったとしても、この先しばらくは よりよく選択し縮小させていくことが必須であることは変わりません

 

話は飛びましたが 今回は 老人は先のことを全く考えていない でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方がよい理由 #85

寒波がやってきて一気に冬らしくなりましたね

 

さて今回は

 

田舎住民は終活をそろそろ始めないと手遅れになる

 

です

 

終活とは ただ亡くなる前に身の回りの物を整理する という意味ではなく

 

「人生の終わりをよりよいものにするため、事前に準備をすること」

 

です

 

人口減少、少子高齢化によって快適な田舎暮らしは終焉を迎えます

 

それもあと十数年で如実に体感できるものになることは決定しております

 

今までは何とかして都会の便利さを田舎にももってこようと

 

自治体なりが努力をしてきたと思いますが

 

それも人口が増えていた時代の話です

 

これからはいかにして田舎の集落の幕を閉じるかが課題となります

 

終活は体がもう思うように動かなくなった方がやるだけではなく

 

人生の折り返し地点を過ぎた30代40代の方も

 

これから先 どう快適に生きていくのか を考え

 

それを行動に移す事も含みます

 

以前からも何度も書いておりますが

 

高齢者になってから移住するというのはすごく難しいことなのです

 

なので30代40代の居住先をどこに決定するのか は今後の人生において

 

非常に重要なファクターなのです

 

まだまだそんなの先と考えられている方は必ず手遅れになります

 

移住したくても移住できなくなってしまうのです

 

完全に地域がおちぶれてから動こうとしてももう遅いのです

 

なぜならあなたはもうその時、高齢者になっているからです

 

そこからどこかへ動く気力も体力も失せてしまっており

 

廃れていく地域に不満を垂れながら、不便で不自由な暮らしを強いられるわけです

 

そこで自治体に文句を言っても、現在とは違い

 

その頃にはもう誰も助けてくれないでしょう

 

その時あなたには 不自由を受け入れるか、移住するか の2択を提示され

 

高齢者で移住もままならなくなったあなたは 不自由を選択せざるをえなくなるのです

 

体が動く30代40代の頃に終活をして居住先を選んでいたらそんなことにならなかったと

 

後悔しても遅いのです

 

それでもあなたは田舎へ移住しますか?

 

今回は 田舎住民は終活をそろそろ始めないと手遅れになる でした