読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのは辞めた方が良い理由 #94

連投になってしまいますが、

 

移住先を選定するにあたって、気をつけることについて

 

内容を説明していますとどうしてもそうなってしまいますね

 

前にも書きましたが、ここに書いていないエピソードの方が多いくらいなんですが

 

それは地域を特定できるのと同時に、奴らにとって非常にまずい内容ですので

 

それは隠し玉としてとっておく意味もありますので公開は伏せておこうと思っています

 

さて今回も行ってみましょうか

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #2

 

今回は

 

車のドアの音をさせない住民が多数住んでいる場所は避けろ

 

です

 

これ以前にも書きましたが、早朝や深夜も多いですが、

 

圧倒的に多いのは人が出かけた留守の隙に 不法侵入してきたり器物破損してきたり

 

という嫌がらせです

 

その出かけたかどうかを確認するのに奴らは車を見ていることに気がつきました

 

で、車をずっと監視しているわけにもいかないので奴らは何で確認しているかというと

 

音 何です。

 

車のドアの閉める音やエンジン音等で判断していると確認できました。

 

それは内容をあまり詳しく書くと対策を打たれてしまうので書けませんが、

 

知人や親類に車を借りて色々実験をしてみてわかりました。

 

でこれも前に書いたように、だから自分たちが出かけたり帰宅したことが

 

あからさまにわかっては困るような時には、奴らは車のドアの開閉音をさせずに

 

静かに移動します

 

なので近所に人が出かけた隙に敷地に侵入したり、人様のものを壊したりいじったり

 

する奴らが沢山居る地域は、車のドアの開閉音をさせません

 

訪問者とか宅配の人たちが来てドアを開け閉めすると うるさい と思うほどです

 

他の地域に行けば、それはみんなさせている普通の生活音なので、

 

みんながみんな異様に静かに閉めているこの地域がおかしいということになります

 

 

今回は 車のドアの音をさせない住民が多数住んでいる場所は避けろ でした

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのは辞めた方がよい理由 #93

すっかり春らしくなってきましたね

 

最近、老人同士の殺人が増えたようなきがしませんか?

 

ゲートボールをしていて、スコップを隠したとか隠さないとかで

 

79歳が82歳を殴り殺したとか

 

騒音がうるさいからと殺人に発展したり

 

まあなんだか高齢化社会になり社会が劣化してきているような気がします

 

今までいろいろエピソードを書いてきましたが

 

私は土地はまだ持っているものの

 

すでに田舎暮らしは辞めてしまったので

 

エピソードはもうそんなに増えてはいきません

 

(ここに書けるエピソードはもうあまりないだけで

 

実はもっと酷いエピソードは沢山あります。ただ個人や地域を特定しやすくなるので

 

書くのを控えております。今まで書いたエピソードはほんの一部で、本質は実は

 

ここには書けないエピソードにあるのかもしれません)

 

それでも庭木が勝手に切られていたり、町内会など集団で集まる行事になると

 

弱い人間も集まれば気が大きくなるのでしょう

 

その日の前後で嫌がらせ 器物破損が大量に発生している場合もあります

 

しかしそれはパターン化してて 場所が変わり人が変わればまた違うかもしれませんが

 

以前に書いたエピソードと内容はそうは変わらないので 本当は#100の時に

 

総括を書いて終わりにしょうと思っていましたが、

 

すでにエピソードが重なって書かれている部分も沢山ありますので

 

ここらで総括として

 

私は土着民が残っている田舎への移住は絶対にお勧めしませんが、

 

それでもどうしても田舎暮らしがしてみたいと思っている人に

 

いくつかの気をつける点を書いていき、また新しいエピソードが起こるまでは

 

一旦お休みにしたいと思います。

 

 

 

田舎暮らし先を見つけるにあたって気をつける事 #1

 

1 定住を前提に移住するのはやめた方がよい

 

田舎に行っても快適に暮らしているよ という人のほとんどはこれを実行していると思います

 

例えば、週末だけ田舎に行くとか1か月ごとに都市部と田舎を行き来するとか

 

1年をめどに次の生き方を考えているとか ダメだったらまた戻ろうと思っているとか

 

少々、移住先を調べたところでその地域の本当の姿を見ることはまずできませんので

 

この方法は有効かと思います。

 

また、田舎土着民も、定住するかどうかもわからない本腰を入れていない人間には 

 

まったくないとはいいませんが、嫌がらせもゆるいです

 

なので最初は賃貸で、腰掛でトライしてみるという姿勢でやるのがよいです

 

ダメなら都市部に帰るか 田舎でも越して場所を変えるとか すぐに修正が効く保険を

 

つけてから行ったほうがよいです

 

私のようにちょっと知っているからと

 

いきなり知らない土地を家を買って田舎暮らしを満喫とか絶対に無理です

 

それでも、3年5年住んでも 本性はなかなか見せないのが田舎土着民です

 

しかし 定住する と決めて土地を買ったり家を買ったり 後戻りできなく

 

なったとたんに豹変します

 

奴らにとっては 逃げる事ができない いい奴隷がきた としか思っていなくて

 

とにかく支配し縛ってエキスを吸いとり、暇つぶしのイジメを始めます

 

なのでそれは例えばもう75歳を過ぎて引っ越しもきつい となったら考えてみるくらい

 

のほうがよいでしょう。でも気をつけなければなりません、75歳でも奴らにとっては

 

まだまだ若い奴隷なのです

 

とにかく深くかかわらないようにしていれば、嫌がらせも緩くなりますので

 

いきなり本腰を入れるのはお勧めできません

 

さて長くなりましたが今回は  田舎暮らしをするにあたっての気をつける事 #1 でした

 

田舎暮らしに憧れて移住するのは辞めた方が良い理由 #92

寒の戻りが酷いですが春はそこまでやってきていますね

 

さて今回は 田舎老害はいちいちくだらないことで大騒ぎする です

 

以前からずっと書いていますが、田舎にはイベントがありません

 

美術館も展示会も観劇もなければ下手をしたら映画館もありません

 

美味しい飲食店を回ることも散策することもできなければ、様々な生き方をしている人に出会うこともありません

 

印で押したような数種類の生き方しか存在しないのです

 

それで固まってしまっているので それ以外の生き方をしている人を見ると

 

自分の生き方を否定されたような気分になるのでしょう

 

我慢できないし絶対に許せないわけです

 

加えて前記のようにイベントが何もありません

 

一般的にはあれがイベントと言えるかどうかはわかりませんが あるとしたら

 

年々人口減少で縮小していく収穫のお祭り、溝そうじなどの町内会の共同作業程度です

 

そこが最高にこれから書きます田舎老害の最悪な暇つぶしを発揮させる場所なのです

 

土着老害には文化的な活動をしようという余裕もなく

 

なのでどうするかというと、どうでもいいことを大騒ぎにして話題にし

 

イベントを作り出すわけです

 

そのイベントとは原始的なもので、暇な土着老害が寄り集まって 自分たちと違う生き

 

方をしている人間に目をつけ、どうでもいいつまらないことにいちいちひっかかって

 

文句をつけ

 

悪意を持って新参を虐げようとする なんとも幼稚園児のようなことを始めるわけです

 

それが田舎の老害たちの大迷惑な暇つぶしなのです

 

何せ 他にすることがないのです イベントがないのです

 

集まっては標的を作り出し、いじめ倒して快感を得る というのが 土着老害

 

最悪の暇つぶしなのです

 

何か文化的なものを作りだそうとか、建設的なことを始めたりはしません

 

そもそもがそういう刺激がないので発想が湧かないわけです

 

もし誰かがそういうことを始めたなら、それこそ逆に 暇な野郎だとか

 

金にもならんくだらんことだ と揶揄し始めます

 

その思考や発想が非常に貧困的である自覚もすでに閉鎖的な土着民にはないのです

 

自分たちの暇つぶしに 問題を作り出し悪意を持って貶め、犠牲者を出して喜ぶ。

 

何もない田舎とは そういう人種だらけなのです

 

それでもあなたは田舎に移住したいですか?

 

土着民と深く関わりたいですか?

 

さて今回は 田舎老害はいちいちくだらないことで大騒ぎする でした

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #91

ちょっと寒の戻りがありますが、だいぶ春らしくなってきましたね

 

新年度が始まりますので 田舎では土着農民が町内会でひと騒ぎする準備をしているという感じでしょうか

 

さて今回は

 

田舎に移住した若者は団塊介護保険に殺されるかも です

 

皆さん介護保険はご存知かと思います

 

40歳から強制で支払わせられる介護保健という社会保障制度です

 

これ3年に一回 見直されて改正されているのをご存知でしょうか

 

国民健康保険も改正されていますが、介護保健も改正されています

 

来年2018年は介護保険の改正年度なのですが、その議論は今もずっと行われています

 

そして現段階で出ている案を見ることにより、将来どうなるかを推測することができます

 

一つは安倍内閣が打ち出している方針を見ればほぼ分かりますが

 

国としては面倒は見切れないから家族で介護しなさい というのが大まかな方向です

 

しかしですね、改正案を見ているとどうもそれだけではなさそうなんです

 

18年改正案には

 

軽度要介護者へのサービス縮小

 

75歳以上の介護保険料の負担増(1割から2割へ)

 

などがありますが、私がびっくりしたのは まだ先になりますが以下の事があります

 

介護は家族だけでなく地域総ぐるみで助けさせ、介護負担を軽減させた地域には

 

補助金を出す

 

というものです

 

これどういう事かと言いますと、はっきり言いまして団塊対策でして

 

家族と離れて暮らしている もしくは身寄りのいない団塊世代を 

 

他人であろうがなんであろうが

 

その地域に住んでいる近所の現役世代が面倒を見なければならない という案です

 

でその面倒を見たとしても国から出た補助金交付金も結局団塊に使われてしまう

 

ということです

 

しかも現役世代の介護保険料の支払い開始年齢を40歳から引き下げようという案もあります

 

もしあなたがリタイヤした団塊がうじゃうじゃいる地域に越したとすると

 

ただでさえ金もなく人数も少ない若者世代は

 

保険料は取られるわ介護はさせられ時間を取られるわで はっきり言って地獄絵図です

 

団塊世代の介護の為に生きていると言っても過言ではない日が来るかもしれません

 

老人の多い地域に移住してしまうと地獄になるということです

 

現在でも 計算上、金がない老人が多い自治体の健康保険料は高いはずです

 

都市部でも老人比率は高いですが、田舎の比ではないはずです

 

しかも今までに書いてきたような田舎のキチガイ老害と付き合わなくなるとしたら

 

あなたはどうしますか?

 

ピークの2025年の頃には、保険料だけでなく、時間や労働までも

 

団塊世代に搾取されていくということを予見させる案が出てきています

 

ずっと書いていますが、これからは住む場所で人生が左右される割合が大きくなります

 

それでもあなたは保険料だけでなく 金にもならない老人介護をする為に田舎に移住しますか?

 

今回は 田舎へ移住すると団塊の介護保健に殺されるかも でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #90

暖かく春らしくなってきましたね

 

こんな時期は田舎に言って日向ぼっこでもしたいという人は多いんじゃないでしょうか

 

今回はですね 田舎の老害は挑戦する勇気をくじく です

 

皆さんは田舎に移住して何をしたい 何かに挑戦したいと思っていましたか?

 

畑を開墾して自家栽培をして野菜を美味しく食べたい

 

古民家を自分で修理して庭を自分で作りたい

 

友達をたくさん呼んでバーベキューをしたい

 

広い敷地で自転車や自動車、バイクをいじって遊びたい

 

薪ストーブを導入して薪割りをしたい

 

庭を作ってガーデニングを楽しみたい

 

いろいろあると思いますが、田舎の老害

 

こういう挑戦をしていると あざ笑います

 

例えば、私が畑仕事をしていると それをあざとく見つけた老害

 

「よう、おままごとやっとるのか」 と話しかけてきます

 

最初は笑っていましたが、ずっと何度も続くとそれが嫌味だということがわかります

 

それで例えば 芋を植えていたとすると

 

「それじゃあダメだ」と言い始め、「何かおかしいですか?」と聞き直すと

 

「おかしい」というので、「どこを直せばいいでしょうか?」と聞くと

 

「まあまあ 適当にやればいい」と捨てセリフをして 何もアドバイスをすることもな

 

くいちゃもんだけを言って通り過ぎていきます

 

しばらくするとまた違う老害が来て やはりダメ出しをするわけです

 

それでどこがおかしいのか聞いても答えません

 

そこからいつもなら誰も通らない時間帯なのに

 

どこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてダメ出しをしていくわけです

 

結局そのまま栽培して豊作になると、今度は あんなに大量に作って誰が食べるのか

 

たまたま上手くいっただけだ という文句が出てくるわけです

 

同じようなことで、例えば、家の壁とか屋根を修理しているとします

 

そうすると老害がやってきて 「どうした家を壊しているのか」と話しかけてきます

 

そうすると「不格好だのう」とやはりダメ出しをしてくるわけです

 

それでやはりどこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてその作業をした箇所を

 

確認しにやってくるわけです

 

次の日にちゃんと乾いているかなどの確認をしながら、達成感を感じながらお茶を飲ん

 

でいると 次の日はババア連中が束でやってきて、作業をした箇所を指をさしてクスク

 

ス笑いながら通過していくわけです

 

これすごくて ただ畑の草を刈っただけでも 車でいちいち停車してダメ出しする箇所

 

がないか確認していくわけです

 

庭で庭木の枝を切っているだけで出てきて文句をたれるわけです

 

晴天の日に布団を大量に干しているだけでもババアが集まってきて

 

家の前でああだこうだと指をさしながら文句をたれにやってくるのです

 

何をやっても確認しに来て 失敗だけでなく成功していても 文句を作り上げるわけです

 

これは 新参者の問題探しをしてダメ出しをし、失敗した者を吊るし上げ、責め立てて

 

挑戦する勇気をくじこうとする行為なのです

 

実は私も一時期は嫌になって辞めかけたのですが、それでは老害の思う壺だという

 

ことだと決意し 全く気にすることなく再開しました

 

すると今度は 以前のブログにも書きましたが、妄想で犯罪を作り始めたり

 

わけわからないことで怒り始めたり

 

通報を始めたり、意味のわからない文句を言い始めて とにかく支配しよう

 

としてきます

 

日本全体に言えることですが、田舎にはこういう悪しき文化が色濃く残っています

 

要は 自分で自分のやりたいことを見つけることができない変わることを嫌う

 

挑戦をやめてしまった無能連中の暇つぶしなわけです

 

そんな場所であなたは落ちることなく上がっていけますか?

 

それでもあなたは田舎に移住してみたいですか?

 

今回は 田舎の老害は新参者が挑戦する勇気をくじく でした

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #89

だいぶ暖かくなってきましたね

 

年度始めが近づいてきて、田舎の町内会もにわかに騒がしくなっているように思います

 

さて森友学園のネタが次々と発覚してきて、

 

話題が連日尽きないようですが、現状を見て皆さんはどう思われますか?

 

以前にも話しましたが、田舎というのはリベラルなんかではなくガチガチの保守です

 

正確には保守はもう日本には存在しないのでエセ保守です

 

しかし都合の良い隣組の相互監視機構などはきっちり残しています

 

なぜなら彼らから風評をとると何も武器が残らないからです

 

彼らはどこを目指しているかと言うと北朝鮮のような独裁です

 

お国のため、天皇のため 自己犠牲をも厭わないと言いながら 園長を絡む人間たちは

 

どういう行動をとっているでしょう?

 

皆自分は関係ないと自己保身と尻尾切りに走り、お国のため、天皇のため 自己

 

犠牲を厭わない という教育信念を子供に教えていた園長他は 自分は裏切られた 

 

相手は嘘を言っている とグニャグニャとのたうちまわっている

 

さて あれのどこが保守なのでしょうか?人に押し付けていた忠誠心は?全体主義は?

 

愛国心 という言葉を使い、お前らはお国に忠誠を誓え と言っているのに 

 

いざ自分が国の犠牲になろうとなるとああだこうだと自己保身に走る

 

今回の件でかなり一般にきちんと本性が拡まったと思います。

 

愛国心 とか お国のため とか 天皇のため とか

 

中国は悪い朝鮮は悪い沖縄は悪い

 

と二言目に言っている人たちのほとんどは それを道具として利用しているだけなのです

 

トランプは田舎の貧困層を利用し選挙に勝つ道具として利用しました

 

園長は国などとつながるパイプとして利用しました

 

そして田舎でも風評や嫌がらせなどの道具として利用されています

 

全て支配の道具として利用されているのです

 

あなたは田舎に移住して 法も理屈も通らない田舎の老害たちに支配されたいですか?

 

わしは許されるがお前らはダメというジャイアンのような

 

利己的な感情で人に強制し物事を押し通す老害に支配されたいですか?

 

何もしなくても既に若い世代は年寄りの負債を背負わされています

 

彼らは変化を嫌います。死ぬまで変わらないし終わりません。

 

どうでもいいことをさも問題のように大げさに取り上げ、

 

風評を道具として使い排外主義に勤しむ老害の暇つぶしに

 

わざわざ田舎に越して付き合いたいですか?

 

さらに老害たちの負債を背負いたいですか?

 

今回は森友学園のニュースを受け その2 でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田舎暮らしに憧れて移住するのは辞めた方が良い理由 #88

連投となってしまいますが

 

最近話題になっている森友学園について

 

私は普段はワイドショーやそれに近いニュースショーを見ないのでどういう幼稚園なのか

 

ラジオと活字でしか知らなかったのですが

 

教育勅語を言わせている映像やら、安保法案を通してくれてありがとう など

 

言わせている場面を見たり、いろんな報道を聞いたりしていますと

 

ちょっと田舎と被る部分を感じましたので

 

タイミング的にちょうど良いので少し書いてみようと思います

 

まず 思想が右とか左とか、教育勅語がけしからんとか

 

どこの学校や幼稚園に通わせるとか

 

そんなものは自由ですので好きにすればいいと思っているのを踏まえて読んで欲しいのですが

 

最初に皆さんは田舎にどういうイメージを持っていますか?

 

自然に囲まれ、自由で縛りがなく開放的で癒される場所

 

そんな感じでしょうか?

 

先日、テレビでとある哲学者の方がこんなことを言っていました。

 

都会はシステムが出来上がっていて、それから逃れることができない

 

なので田舎に移住して楽しく墜ちていく生活を選択する若者が最近は多い そうです

 

農業を始めるという人はほとんどいなくて、ほとんどはIT系だそうです

 

前にも書きましたが、ネット環境が充実していれば IT系と言うのは実はどこでも仕事

 

ができます。

 

日本の田舎でもできますが、もっといいますと海外でも全く問題ありません

 

さらに言うと定住する必要もないかもしれません

 

楽しく墜ちていく生活を求めて田舎に移住する。それは一部その通りだと思います

 

楽しいのか幸せなのかはそれぞれの主観ですのでなんとも言えませんが

 

田舎には一部自由があります。しかしそれは墜ちていく自由しかありません。

 

都市部のように昇っていく自由は田舎には今は存在しません

 

田舎にいて昇っていこうとすると必ず大きな障壁にぶち当たり 長きにわたり築かれ

 

固定化してしまったその壁をぶち破ることは不可能となっています

 

その障壁は多くは土着民です

 

はい、前に哲学者の方がおっしゃったように 都市部だけではなく

 

田舎もシステムががっちりと組まれていて

 

それから逃れると生きていけないような仕組みが出来上がっているわけです

 

そこに土着が長きにわたり居座っているわけです

 

実は現実はみなさんの田舎のイメージとは真逆なのです

 

非常に支配的で抑圧的な人たちが けしからんと総攻撃してきます

 

なぜならそれを許すと、支配の秩序が壊れ、自分たち土着民が無能であるという

 

現実を見なければならなくなるからです

 

 私は都市部に行くと非常に自由を感じます

 

いろんな可能性を感じますし、昇っていく期待感も感じることができます

 

逆に負けると非常な敗北感に陥る人もいるでしょう

 

しかし田舎に行くと 墜ちていく負け しか選択肢がないのです

 

疲弊感と排外主義、差別主義、変化を嫌うガチガチの土着保守の集まりで

 

がんじがらめに縛られて 何も変えない、何にもできない不自由さしかないと思っています

 

それで最初に戻りますが、森友学園の教育方法を見て

 

なんだか気分が悪い、気持ち悪い あんなとこに子供は通わせたくない

 

と少しでも思った方は、田舎暮らしは100%向かないと思います

 

相互監視の隣組の風習がまだ残り、支配されやすい人間を褒め

 

老害団塊に意見を言う人間を寄ってたかって袋叩きにし

 

地元人間以外は排除しようとする支配的住民です

 

TPPまではJA農家は自民支持だったことからわかるように

 

田舎は今でも戦前の風習を色濃く残す土着で支配的で差別的な おみぎ天国なわけです

 

それが好きな方は田舎に移住してもいいと思います

 

しかしあなたは絶対に支配する側にはなれません

 

そういうシステムが出来上がっているわけです

 

それが崩れる時は、過疎化した時だけです

 

都市部も経済的に支配されているといえばそうですが

 

それを言うと日本全体がそうなので都市部に限った話ではありません

 

今回は森友学園問題の報道を見て

 

メディア、特にテレビはあんなに森友学園のような保守的で排外主義で差別的な

 

自称愛国者のような行動は叩くのに

 

なぜだか同じような事が起こっている田舎には勘違いさせるような幻想を抱かせるのか不思議に思い

 

今回緊急に書いてみました

 

子供は挨拶をするから素晴らしいのではないのです

 

子供がそれを やらされている と感じた時点でクソなのです

 

何回も言いますが、田舎はたまに行くからいいとこなんです

 

息抜きに数年賃貸を借りて住んでみるというのもいいでしょう

 

すぐに出ていくという住人には排外主義者たちは何もしないです

 

しかし絶対に定住はお勧めしません

 

それは森友学園を見ればわかるとおりです 

 

今回は 森友学園の報道を受けて でした