今 静かに日本で待たれているデュアルSIMデュアルスタンバイSIMフリースマートフォン

来春から総務省指導が入り キャリアが回線の販売方法を大きく変えるようです

 

いわゆる古事記MNPをすれば、かけ放題+データ通信契約を1000円程度で手に入れることも可能な今ですが さて来春からはどうなるでしょうか

 

現在も特価BLというものも存在し、一括で安い端末ばかりを契約する人は

新規に安売り端末で契約できなくなる場合もあるようです

 

古事記をやらない人で安く維持するのに一番利用されているのは

データ端末と通話端末の2台持ち

かと思われますが、これ1台はガラケーだとしても

なかなか持ち歩くにしても使うにしてもかさばってめんどくさいのもありますが

それ以外にも不便な所が結構あります

 

例えばデータ通信専用のスマホにBTヘッドホンを繋いで音楽やラジオを聴いている時に

通話SIMが挿さっているガラケーに電話がかかってきても

BTヘッドホンに通知はありませんし、それで会話もできません

同じく車に乗ってスマホをカーステBTに繋いで再生している時に電話がかかってきても

せっかくカーステに付属しているハンズフリー機能は使えません

 

で次に考えるのが モバイルwifiルーターに通信SIMを挿し

通話SIMをスマホに挿して、データ通信はルータから 通話はそのままスマホで受けるという方法です

 

これなら音楽再生していてもBTにも通話呼び出しの通知は来ますし会話もできる

 

しかし2台持ち歩くという不便さは解消されていません

 

じゃあもしスマホにSIMを2枚挿せる端末があったらどうでしょうか

一つは通話用を挿し もう一つはデータ通信用を挿して使う

最高じゃないですか

 

実は中国ではデュアルSIMが当たり前です

しかし日本以外では通話は日本では廃止された2Gという規格をまだ使っている国が多く

デュアルSIMは片方は2Gのみという端末が殆どです

また怪しい中国製で2枚とも3G4Gに対応している機種があったとしても日本の技適の認可を受けてないと

電波法違反となり日本では使えません(東京オリンピックの時は訪日外国人に対しては特例があるらしいですが)

 

しかし今年になって日本の技適に対応したsimフリーdualsim端末が相次いで発売されています

これはこれで良いことなんですが、実はどの端末もデュアルスタンバイに対応していません

どちらかのsimを選択して手動で切り替えて使うことになります

データSIMを選択して使っていると 通話SIMはお休みとなり

電話がかかってきてもなりません

通話SIMを選択しているとデータSIMはお休みとなり メールやLINEの通知は受け取れません

FREETELのSAMURAIシリーズはそうですし、つい最近 6インチの新型を出したASUSのzenfone 2 LASERも ものすごく期待されたものの対応周波数等が改善されたとはいえデュアルスタンバイは無理ですw

まあなんと不便な事でしょう(笑)

 

キャリアのプランが改悪され どんどん維持費が高くなっている今こそ

日本で通話SIMとデータ通信SIMの3G4Gデュアルスタンバイが可能な

SIMフリー端末の発売が期待されているのです

 

ASUSあたりが来年春あたりに発売したら速攻でゲットするんですが