はく毛布の制作で暖房費節約

今年は暖冬なのか暖かいですね

 

折角購入した豆炭あんかも活躍する場もなく

 

たまにこたつのスイッチを入れる程度でしのげています

 

椅子に座った時にあんかの上に足を乗せてほかほかしていましたが

 

これ熱が逃げて非常にもったいないので

 

あんかを入れる袋状の毛布を作り

 

そこに足をつっこんで温まる 履く毛布 の制作をすることにしました。

 

ひざに毛布や布をかけて冷えを防ぐ女子は多いですが

 

私の場合にはひざが冷える事はほとんどなく

 

石油ストーブやらを稼働させても

 

室内の空気があったかくなるばかりで

 

手足の先は冷たく、動きにくく

 

足先がいように冷たくなって感覚がなくなる事があります

 

これ豆炭あんかだけじゃなく、電気あんかをつっこんでも使えるはずです

 

手足が暖かければ全てよし

 

本当 足先が温かいだけで他の暖房器具は必要ありません

 

アンカは使わないとしても、足掛け毛布だけじゃなく

 

履く毛布を自分で作ってみるというのはいかがでしょうか?

 

既製品はサイズが合わないだけじゃなく、気に入らない細かな所が

 

使っているうちにどんどん貯まっていき

 

いつの間にか使わなくなってしまったということがあります

 

毛布を袋状に縫うだけなので 縫製に自信のない人でも簡単に制作できます

 

原油安が続きますが、暖房費の節約にいかがでしょうか?