読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしは憧れるだけでやめといた方が良い理由 #5

今回も前回までに関連することかもわかりませんが
移住先の選定の参考になればと書いていこうと思います

3 人の目が多い地域を選べ

歩いている人が少ない、もしくは歩いているのは
近所の知った顔しかない、通過する車も少なく、通過したとしても近所の誰の車かすぐにわかるような地域は避けたほうがいいです

こう聞くと、静かで住宅地に適した
よそ者が歩くと目立って、物凄く治安が良くて住宅として住みやすそうに聞こえますが、実は逆です。

確かに他から来た人が目立つから
その人が犯罪者の場合には防犯には良いように見えますが、犯罪者が地域住人の場合にはどうでしょう

しかも地域住人の目しかないので口裏合わせが簡単にできます

私も最初に越した時には静かで良いところだど思ってました
しかししばらく住んで不思議に思い始めました。
宅配便とかセールスとかの車のドアの開閉音はよく聞こえるのに、近隣住民の車のドアの開閉音を聞いたことがないのです
そして、地理的に無理な世帯はしてないですが
できる世帯は少なくとも1台は自動車が道路や外から見えないところに無理に隠すように駐車していることに気が付きました
訪問すると敷地が広く、停めるところはいくらでもあるのに、なぜこんなとこに停めるのか。
玄関への出入りがしにくいだろうにと不思議でした

みなさんなぜだと思われますか?
車を大事にしている?防犯の為?
半分あってますが違います
私はこれがわかるまでに2年くらいかかりました

実は老害は、嫌がらせをするのに
その家が留守になるのを見計らってやってくるのです

老害がいくら暇だといっても、ずっと近所を見張るわけにはいきません
しかしドアの開閉音が聞こえると、今乗降したというのを知り、誰が出かけたのか、訪問してきたのか、帰ってきたのか確認します
出かけて誰もいなくなった時に侵入してきて
まあいろいろな犯罪をやります
犯罪内容についてはまた今度書きますが。
なので自分がいつ出て行って帰ってきたのか
留守になったのかを知られない為に、ドアの開閉音をさせないのです
逆に言うと、ドアの開閉音をさせない家は
ドアの開閉音で近所の人の出入りを把握しているということです

私は裏庭に置いていた農具が何十個もなくなったり、植えた木を引っこ抜かれたりして警察に相談しましたが、そんなことで捜査するほど警察も暇ではなく、パトロールは増やしてくれたみたいですが、もちろん被害届といえるものも実質的には出せずどうしたものかと考えてました

そこでこんなことに金をかけるのは嫌だったのですが、当時は珍しい最近ではテレビでもよく見ますが敷地内のみが映る裏庭へ隠しカメラを設置しました
そうしますと、家を空けた時にきっちり老害が侵入して裏庭まで侵入してくる様子が映ってました
在宅してる時には一度もそんな素振りは見られません

例えばそれで、
おたくこの前うちに侵入して鍬を持って帰っただろう とでも言ったらもう大変なことになります
それが田舎の怖さです
土着老害のしたい放題なのです
その老害にカマをかけてみますが
知らぬ存ぜぬしか言いません
そこで防犯カメラの存在を言ってはダメです
玄関にカメラ付きインターホンを取り付けただけで近所中で盗撮だのプライバシーの侵害だの大騒ぎでした

とにかく田舎でも人の往来が多い方が絶対によいです
観光客バスがよく通過する、トラックの往来がある
なんでもよいです


ちょっと長くなりましたので愚痴はこれくらいにします。
もうそんな地域は捨て、引っ越して今は幸せですので愚痴は止めようと気をつけていますが
どうしても出てしまいます
そのくらい、ここは本当に日本なのか と疑いたくなるほどでした
愚痴はほどほどにします

次回も地域選定方法について書きたいと思います