読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電力小売自由化の行方をすでに小売自由化しているLPガスから予測する

4月から電力小売自由化によって電気が安くなると話題ですが

すでに小売自由化にしているLPガスの現状を見ることによって

どうなるか予測して見たいと思います

 

他国の自由化後の電力価格を見ると、一旦競争により下がるが

体力のない業者が撤退し始めると 自由化前より高くなってしまった

というのがほとんどのようです

 

私もそうなるとおもっています

その裏付けは すでに小売が自由化されているLPガスの価格が表しています

細かなデータはリンク貼りの許可を得るのも面倒ですし

他でも書かれているのでみなさんでググって見てくださいw

 

ここでは、私が個人的に経験したLPガス導入について書いておきたいと思います

 

実はLPガスは営業所により担当地域が決まっており

資格を持った配達員が数ヶ月おきに配達して周っています

家に宅配してくれる業者に限りがあります

いわば縄張りのようなものです

 

消費者が、例えば少し遠くてもあそこのLPガスが安いので

そこと契約する というのは無理ですし

自分でそこまで赴き、タンクごと買ってきて家に取り付けよう

と思ってもそれは法的に禁止されております

 

タンク単位の単体ガス販売はしてくれますが、それは利用するガス機器に

販売店の資格保有者が接続する というのが条件です

これは昔はタンクごと消費者が買えましたが、

事故が多発したために法改正され禁止されました。

これは法で決まっており、例えば 学校の屋台で

おでんを温める為にガスが使いたいので ということなら

コンロを持っていけば、そのコンロとLPガスタンクを

ガス販売店の資格保有者が接続、確認することにより購入は可能です

 

これ例えば、コンロを持って行って接続してもらって買ったが、

それを持ち帰り、家のガス管に自分で接続しなおすと違法行為で捕まります

 

話は長くなりましたが、ガス購入には様々な規制があります

規制があるということはそこに利権が存在するのです

 

私が田舎に引っ越して、当然都市ガスはないのでLPガスを使おうと

どこと契約しようかと電話帳のサイトを開きました。

この地域の担当はどの販売店なのかはわかりませんので

1件づつ、ここに配達してくれるのか そして基本料金はいくらなのか

1リューべあたりいくらなのか聞こうと思ってリストアップし

電話をかけて行きました

最初の営業所の電話でいきなりびっくりしたのは

どの店と契約するか比較したいので価格を教えて欲しいというと

契約者以外に販売価格は教えられない という回答でした

知りたかったら、半年でもいいので契約してくださいと言われて唖然としました。

なんて酷い営業所かと、こんなところとは契約できないと思い

他の営業所に電話をかけました。

するとまた同じ答えが返ってきました

なんだこれはと思って他にも問い合わせしましたが 結局価格を教えてくれたのは

13ほどある販売店のうち、2店だけでした

 

なんだこれはと思い、明くる日、仕事場へ行ってこのことを話すと

LPガスは客によって価格が違うということを聞かされました

引き手数多の外食店とかはみんな納入したいので競争があり安く、

一般家庭は高い、そしてそれも世帯によって

価格を変えているらしいということです

 

これ今の電気と全く同じなんです

価格競争がある大口は安く、一般家庭は高い

 

そうです

電力小売自由化と言っても

結局 安くはならず、逆に高くなることは

すでに自由化しているインフラのLPガスを見ればわかるということです

 

結局私はLPガスはやめ、給湯は灯油ボイラーで行い

調理は電磁調理器とカセットガスを併用することにしました

LPガスの原料は原油なので、灯油と同じ推移で価格が上下します

ですので価格競争がある灯油の方がマシだと考えたわけです

基本料も必要ありません

LPガスは年単位で契約をすれば給湯器を無料で設置してくれます

一方灯油ボイラー設置は自費になりイニシャルコストがかかりますし

安く灯油を手に入れるには自分で安い店舗で買ってきて給油する必要があります

しかしながら教えてもらったLPガス価格と灯油で比較計算しましたら

イニシャルコストを踏まえても3年足らずで損益分岐点を過ぎますので

そこから先は灯油ボイラーを使っていますと差額が儲けとなります

 

携帯電話事業も、ソフトバンクが新規参入の頃は

競争があり攻めの料金設定があったのですが

ソフトバンクiphoneパワーで借金を返済し終えて

電波目的で買収を繰り返し3強になった途端に

料金が横並びとなってしまいました

電波オークションせずに新規参入を促さないうちは

ずっと横並びかと思います

 

今MVNOが価格競争をしておりますが

500MBまで0円というものまで現れ

体力のないMVNOが撤退し始めると

価格が上がり始めると思われます

 

 

なので電力小売自由化と言っても

灯油やガソリンのように店舗に赴き買ってこられるわけではないので

数年後には値上がりするだろうということで

何も期待しない方が良いということを

お伝えして今回は締めくくらせていただこうと思います