読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしは憧れるだけでやめといた方が良い理由 #12

まだまだ続きます(笑)

 

不在時に侵入してきたり人の物をいじりに来るのは前回も書きましたが

記録を読み返していると、そのエピソードを一つ見つけたので書きていきます

 

出かけたかどうかは車の音等 とにかく音をきっかけに出かけたのを知り

確認し、侵入してくるのは前にも書きました。

不在時にこそ防犯カメラは役に立ちますから、やってることは全部録画されて今も

保管してあるんですが、とにかく居ない時に何やってるか知ってるぞと教えてあげても

それでもまだ出かけた時を見計らってやってくるんです

 

なので車で出かけ、その10分後に帰ってきてみたんです

出かけて5分ほどで老人が出てきて、そして40前後の息子を呼びます

そして二人でうちに入ってあそこをああしようこうしようと庭でしゃべり始めたところ

私が予定外で帰ってきたのでそそくさを家に入って行きました

 

これ2回ほどやりますと、今度はその侵入老人が自分が出かけて5分も経たずに帰ってくるという行動をやり始めました

 

これが答えです

今回私が何をしたかったかと言いますと、うちが出かけたのも帰ってきたのも

見張っているぞ というのを侵入老人に自白させたかったんです

 

しかしこれ私が知っているということは私もみはっているということになりますが(笑)

防犯カメラとは犯罪を防止するためにあるわけです

証拠として確実に残るわけです

しかも24時間365日文句も言わずに働いてくれます

都市部よりも田舎に必需品です

 

田舎に住むのでしたら、常に誰かに行動を見張られていると思ってください

プライバシーは無いと思った方がいいでしょう

 

こんな暮らしをしたく無いのでしたら、周りに一軒も民家が無いところに住むか

ごみごみした都市部に住むしか方法はありません

間違っても田舎の静かな集落には住んではいけません

 

平気な方はガンガン移住していいと思いますよ