田舎暮らしは憧れるだけでやめといたほうが良い理由 #15

いろいろエピソードを書いてきていますが

 

実は今までここに書かれている老害達は将棋で言うなら歩です

 

かわいいもんです

 

実は自分の手を汚さず嫌がらせを働く老害達が本丸です

 

なかなか尻尾をつかませませんが、それでも長く嫌がらせをやっていると

 

感情的になって尻尾をつかめることがあります

 

それを重ねることによって潰すことも可能です

 

今回は感情的になり尻尾を出した将棋で言う香車あたりの老害について書きましょう

 

ある日突然中年の警官が、おたくが農薬を川へ流しているという通報を受けた

 

とやってきました

 

そんな事実はないので、知らないと言うと

 

まあよくわからんが、通報を受けた以上こないといけないと言われ

 

誰かが私がそんなことをしているところを見たと言っているんですか?

 

と聞いたら いやおたくがそうしてるという通報を受けたから来たと

 

いや私は知らないしやってないと言うと

 

調べればわかるぞ というので、どうぞ調べてくださいというと

 

川の中を覗き込んだりしていたが、特に何もせず名前を生年月日と電話番号を聞いて帰りました

 

しばらくすると若い男女の警官がやってきて今度は

 

おたくは農薬を散布する道具を持っているか 

 

と聞くので 納屋を探せばあるんではないか と答えると

 

今度はうちが窓から農薬を噴霧している そうです(笑)

 

そんな事実はないので 誰かがその姿を見たんですか と聞くと

 

通報を受けて隣の庭からおたくの窓を監視していたが そんな様子はなかったんだが

 

と言うので そんな事をしていた事自体が笑えますが

 

そんな様子はないのに何しにきたんですか

 

と聞くと 通報を受けたら一応こないといけないので とまた言われて

 

おたくに唾をかけられた とか言ってたそうで

 

その私がかけたという唾はどこにかかったんですか?

 

と聞くと黙るので

 

唾の跡が残ってないんですか?

 

と聞くとだんまり。

 

今回も何を見てそんな事を言っているのか通報したのかさっぱりわからず

 

また名前と生年月日と電話番号を今度は少し申し訳なさそうにして帰って行きました

 

これのどこを尻尾を出したと思いますか?

 

これを例えば風評を流す程度なら 誰が流しているのか突き止めるのは難しいですよね?

 

しかし今回は事実無根な犯罪をでっち上げて通報しているんです

 

警察の記録に残っているわけです

 

何の証拠もない嘘八百をでっち上げ、犯罪をしていると通報したわけです

 

これ、通報した方が罪になるのをご存知でしょうか?

 

実はその通報したババアは通称メンヘラババアと言われていて

 

何かと消防車を呼んだり警察を呼んだり役所ならずとも県を呼んだりと

 

有名な夫婦で 実はこの夫婦が流す噂や話を近所は誰も信じてないんです

 

ただ職業が公務員で親が昔地主だったという肩書きがあるもんで

 

警察や役所は動かざるをえないと

 

それでもう警察や消防署や役所や県に 自分が気に入らない相手に対して

 

膨らませた妄想をぶつけて税金を無駄使いさせる近所でも有名な大迷惑な老夫婦です

 

例えば、その老害夫婦の気のくわない所に近所が木を植えたとします

 

それは法的にも問題なく近所に文句を言っても誰も聞いてもらえませんし

 

それを役所に言っても警察に言っても問題ないので動かない

 

誰も話をまっとうに聞いてくれない

 

そうすると今回の様な事を始めるわけです

 

その木とは全く関係のないところで

 

犯罪をでっち上げて通報して相手にダメージを与えようとするわけです

 

パトカーが来れば近所は見るでしょう

 

そして ほら 私の言ってることは正しいでしょ とやりたいわけですが

 

これ逆にこいつらが犯罪者です

 

昭和初期にはもしかしたら通用したかもしれません

 

もしかしたらその老害夫婦の親がそんな事をしていたのかもしれないです

 

説明しましたが現代ではこの様な虚偽の通報をするとダメージを受けるのは老害夫婦の方です

 

彼らの凄いところはそれでもなお自分は正しいと信じているところです

 

その後も、私が洗車をしていたり、野菜とか網戸とかカーペットとか

 

何かを洗って流したりしてると

 

私の下流の排水溝の写真を撮ってたりしてましたよ(笑)

 

完全に病気でしょこれ

 

これ、治そうとして治るもんじゃないです

 

人はそう簡単には変われません

 

もしあそこに住み続けたら自分までメンヘラになってしまうかもしれません

 

警察や役所が肩書きに弱いのが証明できました

 

私が証拠もバッチリあるのに相談しても、相手の所にすら行きませんでしたからね

 

ですから、移住先を選定するのは慎重にしてくださいね

 

今回は 偽通報をされたと言うエピソードを書きました

 

ホント暇老人の相手に時間を潰されるのは人生の無駄使いです