それでもなぜ田舎人は急勾配に家を建てるのか

都市部に人口が集中し、地方では人口が減り土地が余りまくってますが

 

それでも違法建築をしてまで急勾配に田舎人は家を建てます

 

なぜなんでしょうか?

 

それは急勾配の土地が安く、固定資産税もべらぼうに安いからなんです

 

で自分から進んで辺鄙な土地の急勾配に家を建てたのに

 

土地も固定資産税も高い平野に住んでいる人たちと同じ境遇を訴え

 

平野に住んでいる人たちに様々な負担を強いる

 

そりゃそんな僻地に家を建てりゃ不便があるのはわかって住んでいるはずなのにです

 

今回の移住先選定方法は 急勾配に家が立ち並ぶ地域を避けろ です

 

それは開発されたベットタウンも含みます

 

これは避けた方がいいです

 

坂しかないような、例えば長崎のような場所は除きます

 

数百メートルも行けば平地が広がっているのに急勾配に家が建ちならぶ地域の事を指します

 

一般的には山の上に行くほど税金も土地も安くなり貧困層なのに

 

上に住んでいる人間ほど下に住んでいる家を見下します

 

なので諍いが起こります トラブルの原因の元です

 

私が住んでいた地域でも 口うるさい老害のほとんどが山の勾配がある場所に

 

家を建てていました

 

今回は 山の勾配に家が沢山建っている地域は避けろ でした