読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国民健康保険税 地域別計算比較サイトはあまりあてにならない

移住する際にこれを移住先選定の物差しとして

 

検討される方もいらっしゃると思います

 

住民税はトップと最下位の差が年間数千円ほどですので

 

全国的に言うほど差はありませんが 国民健康保険税

 

地域によりかなり差が出ます

 

これと水道代金の地域差はかなり出ますよ

 

でそれをおおよそ計算してくれるサイトが存在しますが

 

実はあれはほぼあてになりません

 

ふるさと納税の免除額を計算してくれるサイトと同じです

 

目安にもなりませんので、自分で全て計算した方が正確な数値が出ます

 

データが古くて更新していないのか 私が調べますと計算税率が違います

入力項目が大雑把すぎるせいもあるのかもしれません

 

 

 

私が以前住んでいたおぞましき田舎の地域の計算を出すと

 

計算サイトですと医療分税率が4%台となって安い数値が出ますが

 

実際に自治体のサイトにて確認しますと 現在約8%でした

 

その他もサイトでは1.5%前後となっていますが 実際には約3%でした

 

私が実際に払っていた額よりも年額9万円近く安い値が出てきました

 

そして今住んでいる地域にて項目を入力して計算を出すと

 

実際に支払っている額よりも1万近く高い値が出ました

 

税率を調べますとこちらはほぼ間違いがありませんでしたが

 

入力項目自体が大雑把ですのでそのくらいの違いは出るのかもしれません

 

あの計算サイトによると私が老害地域を捨て、地方都市に引っ越したことにより

 

年間10万円近く支払い額が高くなったはずですが

 

実際には0.5万ほど安くなりました

 

それは当たり前で、老人が多い地域から現役世代の多い都市部の地域に越したわけですから

 

安くなるのは当たり前です

 

多分、入力項目が雑すぎるか載せている税率がおかしいのだと思います

 

ですので移住先を選定する物差しにはされない方がいいと思います

 

実際に移住先の役所に電話で問い合わせして

 

年齢と年収と家族構成と固定資産税を知らせて

 

おおよその金額を教えてもらうのが一番だと思います

 

皆さんもそのサイトでまずは自分が今住んでいる地域にて計算を出して

 

自分が実際に支払っている額と近いかどうか確認してみてください

 

で、もし計算サイトの数値の更新が遅れていて税率の数値がおかしいのであれば

 

これすごいことです

 

何年かけてかはわかりませんが 田舎では国民健康保険税率が約4%から約8%に上がったが

 

都市部では税率がほぼ変わっていないということになります

 

逆に言えば最初から都市部は国民健康保険料が高かったと言えるかもしれません

 

サイトにクレームを入れているわけではないですが

 

あれはあくまで大雑把な目安にしかならない(というか目安にすらならない気がします)ということで

 

実際に健康保険税を計算してみたい方は 役所に直接電話なり書面にて

 

問い合わせされることをお勧めします