なぜ今の老人達を大切に思わない世代が多いのか

そもそも大切にしなくてもすでに優遇されているというのもありますし

 

彼らが税金を食いまくるのでその負担を現役世代が負ってるというのもありますが

 

今の現役世代である30代〜50代は 就職氷河期をもろに受けた世代であります

 

就職氷河期とはみなさんご存知の通り バブルが弾け

 

新卒を取らなくなり、その上リストラが横行したために

 

就職率がガクンと落ちた時代です

 

でその時代に管理職にいたのが団塊世代であります

 

リストラとは、一番無駄に給料を取っている管理職から切るのが通常でありますが

 

団塊世代はそれをやらず、自分達の給料と退職金を守るために切られた世代

 

それが今の30〜50代です

 

特に現在の40代以下は当時就職もできず、就職できてた人もリストラされ

 

再就職ができずにバイトや契約社員で食いつないで来た人が多く

 

すでに貧困化して結婚したくてもできなかった人を多く知っています

 

アラフォーになって正社員にしてくれる企業も少ないでしょう

 

無能 と切り捨てればそれまでですが、しかし例えば今回のシャープの経営陣を見ても

 

そう思えるでしょうか?

 

とにかく 自己保身 が最優先な世代です

 

そんな人たちが多くいる世代の負担を

 

就職氷河期を含め、その負担を全て強いられている世代に 助けろ と言われても

 

土台無理な話です

 

就職氷河期世代は 団塊世代についていっても何もいいことがない ということを

 

知ってしまったのです

 

今は円安で株価も上がり、少子化も相まって人がいないので

 

契約社員がほとんどとはいえ 就職率も上がり 今後賃金が上がれば正社員もふえるで

 

しょう

 

しかし団塊世代の役職と退職金を守るためにクビを切られた現役世代は

 

その事は忘れないと思いますよ

 

特に貧困から抜け出せない人たちは 自分達は今も貧困で苦しいのに

 

それでも自分達のクビを切った世代の老後の負担を強いられている

 

しかも、すでに定年を迎え 退職金をがっぽりと貰い

 

退職しているかといえばそうではなく、

 

退職後に新たに安い賃金で

 

契約社員として同じ仕事に就職してしまい、若い彼らの仕事を奪っている

 

彼らはもう年金があるし孫にやる小遣い稼ぎができればいいので

 

低賃金でも問題ないし、仕事を新たに覚えさせる手間もない

 

雇い主としてはありがたいわけです

 

年金と賃金の二重取りです

 

老人が大事にされるわけがありません

 

この彼らの考え方は間違った部分もありますが正しい部分もある

 

今回は貧困に苦しむ30~50代の知人と話して

 

彼らが感じていることを私なりに解釈して載せてみました