読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #36

続いていきましょう

 

7 くだらないことにこだわる

 

まあこれ文句の内容なんですが

 

端から見てどうでもいいような事の文句を言い始めます

 

例えば私がAという事をやっていて そのAが気に食わんからやめろ と老害

 

言ってきたとします

 

どうでもいい事なのでAを私が辞めたとして それで解決になるでしょうか

 

いいえなりません

 

今度は老害がBが気に入らないと言い始めます

 

これは延々に続きます

 

例えば、同じAということを他の近所の人がやっていたら

 

そもそもどうでもいいくだらない事Aという事に老害は文句をつけるでしょうか

 

いいえつけません

 

なぜなら なぜそんなくだらない事に文句をつけ始めるのかといえば

 

私に文句を言う事が目的だからです

 

文句を言いたいために文句を言う理由を作るのです

 

なので私がいる限りずっとくだらないどうでもいい文句は続くのです

 

文句を言い、精神的上位を取り支配することが目的ですので

 

相手のいうことを聞いても何の解決にもなりません

 

逆に文句の内容が酷くなってきます

 

結局私は放置していました

 

そうしますと何度でも同じことをずっと言ってきますし

 

風評を延々と流します

 

それで老害も満足です

 

なぜなら文句を言う事自体が目的なので

 

文句を言わせておけばある程度満足します

 

私も平気なのでずっと放置していました

 

この現象に名前をつけた方が確かいたと思いますが

 

排他的 と言われるのはこの事を指します

 

同じAという事をしても

 

新参者には文句をたれ、土着民には何も言わない

 

田舎へ移住したい方 頑張ってください