読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #42

今回は、私も色々田舎へ移住された方から話を聞くんですが

 

なんだかよくわからない風習と言いますか

 

もっと言うと迷惑な制度を書いていこうと思います

 

警察の交通安全協会の会費を近所の人が徴収にやってくる

 

これ聞いた話なんですが、交通安全協会からバイト代でももらうのか

 

何か便宜を図ってもらっているのかは知りませんが

 

近所のどちらかというとウルサイ系の人が

 

おたくは 普通車1台と 軽が1台だからええと千五百円ね

 

とか言ってお金を徴収に来るそうです

 

近所のしかもウルサイめんどくさい系の老人が徴収に来るそうで

 

本来 交通安全協会費は免許の更新時に払うか払わないか聞かれますが

 

これ田舎だとそういう近所のジジババが徴収にくるので断りにくいそうです

 

じゃあ免許更新時には払わなくていいのか聞いてみたら やっぱり払うか払わないか

 

聞かれるそうです

 

交通安全協会についてはググれはいくらでもどういう団体かは出てきますので

 

詳しくは書きませんが 本来は払うか払わないかは自由です

 

前にも書きましたが、田舎に移住するとお金がかからないというのは嘘です

 

意味のわからないお金を当たり前のように徴収にやってきて

 

それを断るとあれこれを悪い風評を流します

 

それが田舎なのです

 

逆にそうしないと維持できないほど システムが破綻しているのです

 

最近、マンションの維持管理費から地域行事を行うお金を支払うのは禁止と

 

国交省規約改定することがやっと決まりましたが

 

本来なら行事をやるならその都度その都度参加者から集めるのが

 

筋だと私は思っています

 

マンションの維持管理費や補修積立金などは住民が監視して、よからぬことに使わると

 

それを指摘することが可能ですが、田舎の町内会というのはそれは不可能です

 

そもそも、町内会費を支払っても領収すら出ません

 

逆に言うと、町内会費から歳出があっても全て領収書が必要なわけでもありません

 

いい意味でいい加減ならいいんですが、得をする人は得をし、損をする人は大損をする

 

仕組みを長年かけて作り上げてますので そこを崩そうとすると 得をしている人が

 

起こり始めます

 

話は長くなりましたが、今回は

 

交通安全協会費を近所が徴収にやってくる

 

でした