田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #62

田舎に暮らしての経験を色々書いてきましたが

 

結局私は田舎を捨てました

 

実は田舎を捨てる寸前には様々な事柄について解決し始めていて

 

このままいけば自分のテリトリーを確保すべき段階まできていたのですが

 

それでも田舎暮らしを捨ててしまったのには理由があります

 

それは別に土着民によるストレスであるとかうんざりしたとかであるというよりも

 

多分、あそこに住んでいる限り、ずっと足を引っ張られ続けるというのが

 

わかってまして、しかしながらそれを回避する方法もわかっていたのですが

 

何かすごく無駄な労力を自分の人生の何にも足しにならない事に

 

費やされてきて、その労力さえ惜しまなければ解決するわけですが

 

これからもそれは続く事が決定していましたので

 

突破口は見えているにもかかわらずその労力がアホくさくなったんだと思います

 

本当にあんな事に労力を費やす田舎者は暇なんだとつくづく思い知らされたわけです

 

彼らは長年生きてきて他の方法では自分のステイタスを確立できなかった

 

かわいそうな人達なんだと思います

 

あの小さな世界で生きていく上で見つけた方法があれなんでしょう

 

本当に金にもキャリアにも経験にもならないくだらない事をムキになって

 

頑張る人達です

 

小学生や中学生がやっているような事です

 

でまあ、私も意地になってどうにかして解決しようと思っていましたが

 

突破口が見えたところで急に一皮むけて アホくさくなりました

 

アホくさい事に付き合わされる事がアホくさくなったわけです

 

で人生を有意義なものに戻すために田舎暮らしを捨てました

 

これまでに様々な経験を書いてきましたが

 

それでも田舎に住んでみたいという人もいるでしょう

 

それを止める権利は私にはありませんが

 

もし私がアドバイスをさせてもらうとしたら

 

嫌になったりアホくさくなったりしたら

 

悩んだりしないですぐに田舎を捨ててください

 

すぐに捨てられる環境からスタートしてください

 

それが浄化の意味で田舎の為でもあります

 

アホくさい事に付き合わされて 限りある人生の大切な時間をドブに捨てないように

 

私がもしあそこに帰ることがあるとすれば

 

人口減少で過疎化が進み

 

近隣に誰もいなくなったときくらいしかないでしょうね