読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #66

田舎暮らし

まだ沖縄以外は梅雨も明けてないのに毎日蒸し暑いですね

 

さて今回ですが、記録を読み起こして 公開できそうなエピソードが

 

出てきたので書いていきましょう

 

今回は 田舎の人間は嘘をつき罠に陥れる です

 

これはまだ越してあまり時間が経ってない頃の話ですから

 

嫌がらせとしては幼稚なもので この後のことを思えばほんの序の口です

 

まだ越して間もない若い人の近所からの評判を落としてやろうという

 

嫁姑でも起こりうるようなことですが

 

しかしそれをアカの他人にしてくるのが田舎の老害たちです

 

田舎に移住して近所付き合いも進んできましたら

 

近所の葬儀に出席することも出てくると思いますが

 

私もそうして交流を深めようかという時に事件は起こりました

 

私が畑仕事をしていますと、ある老人が親切なふりをして話しかけてきました

 

おたくは知っているか? ここの町内会の決まりで

 

葬儀の時の香典は一律1000円と決まっているのを。

 

ここらあたりではそう決まっているんだよ

 

私は

 

1000円でいいんですか?本当ですか?みんなそうしているんですか?

 

と聞いたら 

 

ああそうだとみんなそうしている

 

と答えたので

 

ああそうですか ご親切にありがとうございますと言うと老人は立ち去った

 

その後から何回かはその話を鵜呑みにして 香典は常に1000円を出しました

 

相手が誰であろうと同じ1000円

 

しかし4回目の葬儀に出た時にたまたま他の人と話をして聞いてわかった

 

このあたりは良心的なんですね 無駄な香典返しを止めるために一律1000円と決まって

 

いるんですねというと

 

ああそうなんだけどそれは建前であって、実際1000円しか出していない人は

 

まずいないよ 普通は最低でも3000円くらいは出すんじゃない?

 

はあ?そんなの聞いていないしもうすでに何軒かは1000円で済ましてしまった

 

そしてこの瞬間にその老人に嵌められたことに気がついた

 

本当に親切なら、それを話した後に一言付け加えればいい 

 

それは建前にすぎないルールであるということを。

 

しかしそれを言わずに わざわざ1000円であることのみを

 

親切なふりをして伝えにくる老害

 

私はこの頃から老人や田舎の人間がいうことは鵜呑みにしてはいけないし

 

親切なふりをして近づいてくる人間が一番危ないことに気がつき始めた

 

疑心暗鬼になっている頃に罠はまだ続く

 

次は違う老人が電話をかけてきて あそこの家の人が亡くなったと

 

そしてその葬儀の開始時間は2時からだと言ってきた

 

今は多分、ちゃんとした回覧であるとか通知書類を配布したりするのだろうが

 

その頃はそうして学校とかと同じで電話で回すのが普通だった

 

しかし通信網ではその老人が連絡してくるのではなく

 

違う人がかけてくるはずだったが、後から聞いたらどうも

 

その老害が私がついでがあるから伝えておくからと

 

私に連絡しなくていいと言ったと通信網の元の人に聞いた

 

私はまだ新参なので通信網は末端なので私から誰かに伝える人はいない

 

でその老人はかなり意地が悪いのはその頃から薄々感じてはいたが

 

まさかそんなことをするとは思っていなかった

 

みなさんお察しの通り、葬儀の時間を嘘を伝えてきたのである

 

私はちゃんと2時からですねと念を押して確認したが 実際に葬儀が始まるのは

 

12時からだった

 

私はたまたま昼飯を早く食えてすることもなかったので

 

12時半すぎ頃に到着したんだがすでに葬儀は始まっており

 

どうした遅いじゃないかと言われ

 

嘘の開始時間を教えてきた老害はちゃっかり遅れることなく葬儀に参列していた

 

みなさんは老人がちょっとボケている 言い間違えだと思いたいでしょう

 

しかしこの後から徐々にエスカレートしていく老害からの嫌がらせや風評を見ると

 

やはりあれはわざとだったんだろうと確信しています

 

実はこの老害、私が不在の時に届いた宅配を でしゃばって出てきて

 

私が渡しておくと宅配業者から奪い

 

勝手に中身を開けて確認するという行動にも出ています

 

これ、親からの荷物だったんですが これで私の親の住所氏名を知ったのだということ

 

が後にわかります

 

そして取りに来いと言われたので行ったら、中身はかき回されて隅々まで確認されてい

 

ました

 

しかし当時は何も言えません。新参ですから。

 

非常に困ったので各宅配業者全社へ電話をかけ

 

勝手に近所に預けるなと何を言われても絶対に預けてはいけない

 

ちゃんと不在連絡票を入れろと釘を刺しましたところ

 

この老害は荷物を預けるのを断った配達のお兄さんに食ってかかったそうです

 

私とこの老害はすごく仲がいいのだと

 

ええと誰と誰が仲が良いのですか?w

 

そしてこの後には、それが気に入らないのか

 

勝手に人の家のポストの配達物や不在連絡票を探りにくるという行

 

動をし始めることになります

 

おっと話が進みすぎましたね

 

今回はこのあたりにしましょう

 

老害は 自分が責められた時には弱者を装います

 

間違っていたというと 逆ギレするんですよ 老人にたてつくのか か弱い老人を責め

 

るのかと

 

しかしか弱いふりをしてそうしてジクジクと嫌がらせをするのです

 

信用してはいけません

 

親切で虫も殺さないようなふりをしてそうしてまるで姑のように嫌がらせをしてきます

 

あなたが田舎の老人に抱いている妄想は捨ててください

 

卑怯でずるく、人を騙し、陥れては喜ぶ 本来 関わってはいけない人間ばかりです

 

それでもあなたは田舎に移住したいですか?