読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本初のデュアルSIMデュアルスタンバイ スマートフォンがモトローラから発売

スマホ

大々的に宣伝していますのでもちろん技適は通過していると思います

 

モトローラから3G/4Gのデュアルスタンバイが可能なmoto g4 plusが国内で発売されます

 

しかも安い べらぼうにです 他社のDSDS機も含めてです

 

日本でもzenfone3 ・xiaomi Mi5・moto 4g plus と今年は本当にDSDS元年と言えます

 

デュアルシムデュアルスタンバイについては過去にも投稿していますので

 

そちらをごらんください

 

それぞれ細かな性能の違いはあるものの、一つ大きな違いがあります

 

他機種はmicroSDスロットとSIM2が共有であるのに対し

 

moto G4 plusはSIM1 SIM2 microSDスロットがそれぞれ独立して実装してあります

 

それだけでもかなりのアドバンテージです

 

しかし人とは贅沢なもので、多分DSDSで年に数回困ることがあったりすると

 

やっぱりDSDAが本丸だなと思ったりします

 

通話が長い人などは、通話中はデータ通信が遮断されてしまうために

 

その間のメールやメッセージが途絶えますので ひっきりなしに通話をする方は

 

気になるかもしれません

 

しかしよく考えてみてください

 

3G時代には auは全機種データ通信と通話を同時には行えませんでした

 

ドコモとソフトバンクは可能でした

 

そういう通信方法だったのです

 

知らない人も多いのではないでしょうか

 

これは完全にキャリアに情報を操作されているからです

 

と言うよりそれで困る人がほぼいないと思ったのかもしれません

 

LTEになってauもそれが可能になりました

 

しかしLTE普及時代 auiphone5 LTE詐欺と言われるLTEの情報操作を行ったんですが

 

なぜか総務省から怒られることもなく auiphone5を買わされた人は気の毒としか

 

言いようがありません

 

あれは結局 返品も解約もできなかったのでしょうか

 

とにかくauは先見の目がないので いつも貧乏くじばかりを引いてきました

 

(と云うか勝手に自分から進んで貧乏くじを引いて喜んでいた)

 

それはしょうがないです

 

ドコモは強大な利権を所有してます

 

ソフトバンクは現在ベライゾンがうまくいかず、アリババ等保有株を大量に売却してい

 

るので危ないとは言われていたりしますが

 

当時は金の匂いをかぎ分け、海外を常に見ていますので先見の目があったことは否めません

(7/18 訂正 ソフトバンクが英国ARMを3.3兆円で買収のニュースがはいりました。

ポンド安の今 さすがとしかいいようがない素早さと決断力です

Appleと敵対することになるのをどうするのか見ものです

やはり日本の利権にあぐらをかいている官僚集団とは大違いでした)

 

最初にキャリアEメールの妙な国内ルールを廃止したのはソフトバンクです

 

あれではキャリアメールはPCなどとは通信ができません

 

しかしauはドコモほどの力を持たず、ソフトバンクほどのセンスももって

 

いないがために常に損でした

 

端末をばらまいてシェアを保持するしかないのですが

 

それもドコモ総務省に切られてしまいました

 

端末をばら撒けないと契約数が上がりません

 

話はずれてきましたが、今年はDSDS元年であるとともに

 

格安SIM飛躍の年です

 

それは多くの格安SIMに回線を貸しているドコモには朗報です

 

少なくとも他社にユーザーをとられるくらいなら回線の賃貸料が入る格安SIMに

 

移ってもらった方がドコモには美味しいはずです

 

データ通信は格安SIM=ドコモ

 

通話し放題もエリアの広い=ドコモ

 

はい 2枚のSIMを駆使してもドコモの一人勝ちです

 

通信速度等は置いといても、やはりエリアでいうとドコモには勝てません

 

一方ソフトバンクy!mobileと云うMVNOを持っています

 

ここもうまーく安いのか高いのかよく分からないように料金を出してきています

 

それに対抗しているのがauUQ mobileです

 

常に価格でy!mobileに対抗しています

 

しかし私は思います

 

auはあの3GのCDMA2000と云う通信方法を捨てない限り

 

常に端末でも価格競争でも損をすると思います

 

話はまた逸れてしまいましたが

 

皆さんもやっと日本に訪れたDSDS機で持ち歩くガジェット数を減らして

 

手持ちバックを軽くしてみてはいかがでしょうか