田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #72

夏も終わりが近いですね 秋も近いです

 

さて今回は

 

日本の袋叩き社会の原点は田舎にある です

 

最近は、不倫をした芸能人であるとか 貧困であるというJKであるとか

 

ボロを探して住所まで特定したりして

 

小物をネットで袋叩きにするのが流行ってますね

 

叩いて彼女達に何の得があるのかは知りませんが 完全にガス抜きに利用されています

 

実はこれらの精神の根源は 田舎に宿っています

 

田舎では日常茶飯事です

 

なぜなら暇人だらけなのです 

 

そもそも田舎にはイベントがありません 娯楽がないのです

 

あそこの店のカレーがおいしいとか、あそこの呑みやのあれは絶品だとか

 

田舎に住んでいる時にはそういう会話を聞いたことがありませんでした

 

イベントがなければ会話のネタもないわけです

 

そこでネタとして登場するのが 近所の悪口 です

 

あそこに住んでいるあいつはあんなことをする”らしい”

 

あの家にはあんな物がある”らしい”

 

この前 あいつはこんなことをしていたから こういうこともしている”はずだ”

 

言い出した奴は ただの会話の糸口として、

 

9割が嘘のことを 話のネタとして話始めた近所の悪口。

 

しかしそれには尾ひれがつき、最終的には犯罪を犯したような大悪人として

 

風評が流れるようになります

 

土着民がとにかく集まりとか会合とかに顔を出すのは

 

その膨れ上がった嘘八百を聞き、他と会話をする時のネタを収集するという目的と

 

自分が不在の間に自分の悪口が流され、自分がいじめの対象にされるのを防ぐという

 

目的があります

 

これが大規模に拡がったのがネットです

 

ネットにある有名人の悪い書き込みがあったとします。

 

しかしそんな風評ごときにいちいち本人が出て行って弁明することはまずありえません

 

それをいいことに好きに創作した悪口を好きなだけ書いて喜ぶ人たち

 

私がいた田舎の土着老人、主婦たちとまんま同じです

 

私はもう相手をするのでめんどくさいので風評が流されても放置しておりました

 

そうしますと好き勝手に創作した夢物語をいいふらしまくります

 

大騒ぎになったのでしょうがなく芸能人が会見をして 謝る必要など一ミリもないのに

 

終息目的で謝罪をしたりします

 

そうすると 勝った と喜ぶわけです

 

暇だとしか思えません 

 

この相手が例えば 税金を貪る官僚であるとか 裏で糸を引く電通であるとかなら

 

まあわかります。相手が巨大ですから少々の事では揺らぎません

 

ネット等で騒ぐしかないでしょう

 

この今の日本の妙な風潮の根源は 田舎の土着民精神にあるのです

 

悪い風評を流された人が普通に平然として楽しそうに暮らしているのが

 

許せないというなんだかよくわからないロジックです

 

私は嫌いな人の事はほとんど考えません いつも好きな人たちのことを考えています

 

しかし袋叩きが好きな人たちは いつも あいつが嫌い嫌い嫌い 

 

許せない 許せない と

 

しまいには 自分が今苦しいのはあいつのせいだ と思い始めるバカもいるでしょう

 

ずっと嫌いな人間に思考を支配されている証拠です

 

実は有名人などが一番されて怖いのは 無関心 なのです

 

私も老害達についてはまったく無関心でした

 

無理にそうしているのではなく そもそもが興味が湧くような人間達ではないのです

 

無関心でいますと、

 

悪口が流れたり物を壊したりゴミを投げ入れたり木の枝を折ってみたり

 

かまってくれかまってくれと かまってちゃん発動です

 

私がこうして田舎暮らしの体験を書いているのは

 

私と同じ過ちを犯してしまうのを防いでもらおうという目的と

 

同じ苦しみを今現在受けている人たちへの あなただけではない というメッセージです

 

今 そういう苦しみを受けている人は悩む必要はないです

 

私は最終的に また犬がキャンキャン鳴いている くらいにしか思わなくなりましたが

 

そう思考を切り替えられない人は 思いつめてしまう前にすぐに都市部へ移住してください

 

負けたくない逃げたくないと思っている方 安心してください

 

そんなクソ土着民が蔓延っているような地域は

 

15年もすれば限界集落と化し、20年もすれば消滅してしまいます

 

それを遠くから見て 笑えばいいのです あなたの勝ちです

 

 

今回は 袋叩き精神の根源は田舎にある でした