読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #74

やっと最近晴れ間が見えるようになってきて

 

涼しいどころか寒いくらいになってきましたね

 

さて今回はですね

 

田舎への投資は負の遺産にしかならない

 

です

 

東京は今、豊洲ですとかオリンピックの予算が3兆円を超えるなど

 

様々な問題が起こっていますね

 

これ全部、それらの莫大な税金をかけ建設したものが

 

未来への負の遺産になってしまうのではないか と揉めているわけです

 

実は田舎には負の遺産が沢山あります

 

誰も通らないのに無駄に綺麗に片側2車線もの大きな道路を作ってみたり

 

住む人間なんていないのに自治体が主導して

 

田んぼをつぶして分譲 新築住宅を建ててみたり

 

老人しか使わせないのに無駄に立派な公民館を建ててみたり

 

対して戸数もないのに数千万円もする消防車を消防団に与えてみたり

 

人口も経済も右肩上がりの頃を忘れられず、そこから思考を切り替えられない人々が

 

権力を持つ年齢になってくるとああいうことが起こります

 

豊洲やオリンピック予算が負の遺産だと問題になるなら

 

地方のああいう無駄が行政も本来問題になるはずなのですが

 

なぜかあまり騒ぐ人もいない

 

なぜなら これらは自分が払った税金を使って作られている 

 

という意識がないからです

 

私たちの金が使われている という認識がなぜか日本人は非常に薄いわけです

 

なのでプライマリーバランスが とか 日本は借金だらけで大変 とか

 

いくら政治家やマスコミが騒いだところで増税されるだけで何も変わりません

 

本来はこういう小さなところから改善していかないと 国なんて変わるはずもないです

 

さらに最近になってようやく 山のように地方市議政務調査費の不正が発覚してきて

 

いる始末です

 

非常に細かなところですが ああいうところから潰していかないと

 

大きな本体は動きません

 

しかしこう言いましても、実は変化を嫌う排外主義の地方はそう簡単には変わらないのです

 

なので私がずっと言い続けているのは 住む場所を選ぶ方が早くて効率的で簡単

 

ということなのです

 

しかもそれが一番 地方を変化させるのに効果的なのです

 

無駄な公害道路を作るな! とか 負の遺産の分譲住宅などいらない!

 

とかいくら叫んでも、地方市議は知らん顔をして予定通り実行するでしょう

 

そして誰もがそんな自治体に市民税を支払いたくはないでしょう

 

では住む場所を変えるのです

 

それが一番 早くて簡単で効果的なのです

 

無茶で身勝手な税金の使い方をしている行政や

 

よそ者をいじめて喜ぶ老害どもが一番困るのは

 

搾取する、いじめる住民がどこかへ引っ越していなくなってしまうことなのです

 

今回は短くなりましたが 未来のために負の遺産を作らせないようにするには

 

市民が意識を持ち、アクティブに住む場所を選ぶのが最善 でした