読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #76

やっと秋らしくなってきましたね

 

でも急に暖かくなったりして体調を崩しがちな季節なのでご自愛ください

 

さて今回は 田舎は煙くてうるさい です

 

皆さんは田舎というと 鳥のさえずりが聞こえ 空気が美味しくて

 

静かで気持ちが良い というイメージがありませんか?

 

それは一部は正しいですが一部は誤りです

 

特に今の季節の秋と春は違います

 

周りが田んぼだらけで農民だらけだとさらにひどくなります

 

皆さんもご存知の通り、秋は収穫があります

 

今、コンバインが走り回っている地域もあるでしょう

 

あれ、すごいウルサイのをご存知でしょうか?

 

1台だけでもすごいウルサイんです

 

あれで田んぼを走り回られていると、重機で工事をしているのと同じぐらいウルサイです

 

そして全ての田んぼを一斉に収穫するのではなく、順番に収穫していきますので

 

それが10日間ほど続くのです

 

都市部で言うところの年末の道路工事と同じ状態になります

 

都市部はまだ田舎よりは防音がきちんとしていますので

 

建物に入ってしまえば騒音もそんなに気にならなくなるでしょう

 

しかし田舎は防音壁の役割を果たすほど家屋も密集しておりませんので

 

遠くの田んぼの騒音が非常によく聞こえます

 

たった10日なんて とお思いでしょうが、 ズガガガガガガガ という騒音が

 

ほぼ1日中響く日々が10日間続くと思ってください

 

これに秋の草刈りが加わり、何台もの刈り払い機の消音器の付いていない原付の2スト

 

エンジンのようなビーーーーーーンという

 

音がずっと聞こえるわけです

 

正直、昼間は居られるもんじゃないです

 

さらに その刈った草を 晴れだろうが曇りだろうが、好き勝手に野焼きしますので

 

もう煙くて臭くて、

 

本来、涼しくなってきて窓を開放すれば風が心地よいはずのこの時期、

 

騒音と臭さで窓が開けられなくなります

 

春も同じで 代掻きや田植え、同じく草刈りで 窓を開けたいのに開けられない

 

日々が続くわけです

 

この時期だけは、都市部と同じくヘッドホンが必須となります

 

野焼きに関しては 盛んなのは春と秋ですが、基本的には1年中続きます

 

暑かろうが誰かが野焼きをするたびに窓を閉め換気扇を回すわけです

 

今回は 田舎は煙くてウルサイ でした