読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめたほうが良い理由 #81

寒さも本格的になってきましたね

 

今回は やりがい搾取 です

 

人気のドラマでのヒロインのセリフですが、これが共感を得て

 

一気にネット上で拡がりました

 

まさに田舎は やりがい搾取 に溢れています

 

町内会 消防団 地域行事 興味のない人から見ればやりがい搾取にすぎません

 

やりたい人には魅力的かもしれませんが、やりたくない人から見ればただの

 

時間とお金と労働力を精神力の搾取です

 

以前にも書きましたが

 

例えば溝そうじといえば 都市部の人たちからすると

 

道路脇の側溝の蓋を開けて、自分の家の前の数メートルをさらえば終わりでしょう

 

しかし田舎は違います

 

溝そうじという名前は付いていますが、田んぼや畑の用水路の清掃です

 

農民が利用する用水路を綺麗にするために、町内会の人間を引っ張り込むわけです

 

用水路ですから、ユンボでさらってそうじをするような用水路も含みます

 

地域の人間が全員農民ならば問題はないでしょうが、農業をしていない人間からは

 

なんでこんな役所がするような大仕事を俺たちがせにゃならんのか としか思えないでしょう

 

実際に用水路の清掃をすると自治体からお金が町内会に支給されます

 

しかし1日を潰して作業をした人間にビールの一本も出ません

 

地域の為に と言う理由をつけるとなんでも無報酬でやらなければ

 

まるで守銭奴、悪魔 あいつは恩を知らない などのような風評を流されるわけです

 

時間とお金と労働力を差し出せということです

 

ドラマに出てきた商店街の若い人たちのように、交渉などできません

 

恩というのは受ける側が有無を決めるものであって

 

おたくにしてもらわなくても結構なことをされて これは恩だ と言われても

 

非常に困るわけです

 

それを裏付けるために私は全てを断ち切って 彼らの言うところの 恩 をもらわない

 

ようにしましたが、何年生活しても全くこまりませんでした

 

それどころか 逆に彼らが介在してこなくなることにより

 

かなり生活の質が向上しました

 

こうなると気に入らないのは 恩を押し付けてきた人たちです

 

あれが迷惑だ、これが非常識だ、気に入らない、けしからんと

 

今度は攻撃が始まるわけです

 

田舎は やりがい 思いやり搾取で溢れています

 

昔は手間貸しと言って大きな仕事はみんなで行い、お互いに助け合う という

 

風習がありましたが、今はその悪い部分だけが残ってしまっています

 

仕事やライフスタイルが多様化して、娯楽も多様化していますので

 

このような作業はものすごい効率が悪いし何のメリットもありません

 

レクリエーションとしてやりたいのなら、やりたい人だけでやってください

 

町内会行事に出席した時の悪夢はずっと書いてきましたので

 

今回はこのくらいにしておきますが 

 

もしあなたが やりがい搾取 思いやり搾取 に反対だというのなら

 

絶対に田舎に越してはいけません

 

あなたがどうしても田舎に移住したい というのでしたら

 

周りに誰もいない 町内会や地域組織など存在しないところを選ぶことをお勧めします

 

今回は 田舎はやりがい搾取だらけ でした