読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #84

田舎暮らし

成人式も終わり、寒波もやってきてますね

 

さて今回また以前の投稿の焼き直しのようになりますが

 

田舎は自浄作用のない老人無法地帯

 

です

 

これも何度も書きましたのでもういいという方もいらっしゃるかもしれませんが

 

今現在も無法地帯は続いているようなのでまた書いておきます

 

以前にも書きましたが、老害は 住居侵入、

 

山に植林してある木を勝手に切ったり 枝や畑の支柱を折ったりゴミを投げ入れたり

 

車に傷をつけたりの器物破損など違法行為を平気でやっておりますが

 

自分は平気でそう言った軽犯罪を犯すにもかかわらず、よそ者のやることは

 

違法ではないことでも 気にくわない 迷惑だ と文句をたれて

 

地域の世論を操作し、服従させようとしてきます

 

私はずっと老害に壊されて困っていることを町内会や地方自治会にも訴えてきましたが

 

よそ者が被害を受けている老害たちの犯罪については全く動こうとはせず

 

とにかくわしらの言うことを聞けといってくるだけです

 

まるで物分りがいいような顔をして 話をしよう といってきても

 

それは命令しに来ただけで、人の話は全く聞いてはいないのです

 

なので再度来た時に、前の話は進んだか?どう進展させているのか? と聞いても 

 

何の話だ? とこちらが訴えたことは なに一つ覚えてもいないのが普通です

 

なぜなら 話をさせてくれ と笑顔を作りながら近寄ってきて

 

結局、ただ命令しに来ているだけなのですから。

 

なのでよそ者が町内会とか老人会とか子ども会とかと話をしてもなにも解決しないのです

 

彼らは変化を嫌います。とにかく自分たちが勝手に作った物差しの寸法通りに

 

世の中が動くと勘違いしております

 

老害どもが 好き放題 器物破損をしておいて それは放置し

 

お前はわしらの言うことを聞け という無法地帯がずっと続いてきたから

 

そういうことを平気でやるのです

 

結局私は、老害達がいってきた文句の言うことを聞いた点もありましたが

 

老害達は器物破損や窃盗や不法侵入について 詫びることもなく私は

 

過疎村を捨てることになりました

 

何も改善も自浄もされることはありませんでした

 

多分あの地域の住民が最後の1人になるまで 改善されることも自浄されることもなく

 

20年待つこともなく廃墟となると思われます

 

田舎に期待をしてはいけないのです

 

過疎が進み若者がいなくて困っている 

 

若者が移住してくれば ああ よく来てくれた ありがたい 

 

と表面上は笑顔で迎い入れる地域にあっても

 

それは最初の数ヶ月だけ。

 

奴らは自分の物差しで全てを判断し、それを移住者にも行使させようとします

 

奴らにとって よそ者は 海外からの研修生と同じ

 

ただのカモであり無償で働かさせる労働力であり支配すべき奴隷でしかないのです

 

よそ者奴隷には老害が何をやっても許される世界なのです

 

老害に搾取されてはいけません 若者は逃げるべきだと思います

 

老害が言い始める文句はヤクザのいちゃもんと同じできりがなく 

 

ただの老害のストレス発散、ガス抜きに使われるだけです

 

それでもあなたはまだ田舎に移住したいと思いますか?

 

もしかして自分ならそんな事はなんとかできるという甘い考えの持ち主ですか?

 

田舎に公平平等なコミュニティが存在すると思っていますか?

 

あなたが作れるという甘い考えですか?

 

一生を費やしても時間は足りませんよ

 

今回も 田舎は自浄作用のない老害無法地帯 でした