田舎暮らしに憧れて移住するのはやめた方が良い理由 #90

暖かく春らしくなってきましたね

 

こんな時期は田舎に言って日向ぼっこでもしたいという人は多いんじゃないでしょうか

 

今回はですね 田舎の老害は挑戦する勇気をくじく です

 

皆さんは田舎に移住して何をしたい 何かに挑戦したいと思っていましたか?

 

畑を開墾して自家栽培をして野菜を美味しく食べたい

 

古民家を自分で修理して庭を自分で作りたい

 

友達をたくさん呼んでバーベキューをしたい

 

広い敷地で自転車や自動車、バイクをいじって遊びたい

 

薪ストーブを導入して薪割りをしたい

 

庭を作ってガーデニングを楽しみたい

 

いろいろあると思いますが、田舎の老害

 

こういう挑戦をしていると あざ笑います

 

例えば、私が畑仕事をしていると それをあざとく見つけた老害

 

「よう、おままごとやっとるのか」 と話しかけてきます

 

最初は笑っていましたが、ずっと何度も続くとそれが嫌味だということがわかります

 

それで例えば 芋を植えていたとすると

 

「それじゃあダメだ」と言い始め、「何かおかしいですか?」と聞き直すと

 

「おかしい」というので、「どこを直せばいいでしょうか?」と聞くと

 

「まあまあ 適当にやればいい」と捨てセリフをして 何もアドバイスをすることもな

 

くいちゃもんだけを言って通り過ぎていきます

 

しばらくするとまた違う老害が来て やはりダメ出しをするわけです

 

それでどこがおかしいのか聞いても答えません

 

そこからいつもなら誰も通らない時間帯なのに

 

どこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてダメ出しをしていくわけです

 

結局そのまま栽培して豊作になると、今度は あんなに大量に作って誰が食べるのか

 

たまたま上手くいっただけだ という文句が出てくるわけです

 

同じようなことで、例えば、家の壁とか屋根を修理しているとします

 

そうすると老害がやってきて 「どうした家を壊しているのか」と話しかけてきます

 

そうすると「不格好だのう」とやはりダメ出しをしてくるわけです

 

それでやはりどこから聞きつけたのか次々と老害がやってきてその作業をした箇所を

 

確認しにやってくるわけです

 

次の日にちゃんと乾いているかなどの確認をしながら、達成感を感じながらお茶を飲ん

 

でいると 次の日はババア連中が束でやってきて、作業をした箇所を指をさしてクスク

 

ス笑いながら通過していくわけです

 

これすごくて ただ畑の草を刈っただけでも 車でいちいち停車してダメ出しする箇所

 

がないか確認していくわけです

 

庭で庭木の枝を切っているだけで出てきて文句をたれるわけです

 

晴天の日に布団を大量に干しているだけでもババアが集まってきて

 

家の前でああだこうだと指をさしながら文句をたれにやってくるのです

 

何をやっても確認しに来て 失敗だけでなく成功していても 文句を作り上げるわけです

 

これは 新参者の問題探しをしてダメ出しをし、失敗した者を吊るし上げ、責め立てて

 

挑戦する勇気をくじこうとする行為なのです

 

実は私も一時期は嫌になって辞めかけたのですが、それでは老害の思う壺だという

 

ことだと決意し 全く気にすることなく再開しました

 

すると今度は 以前のブログにも書きましたが、妄想で犯罪を作り始めたり

 

わけわからないことで怒り始めたり

 

通報を始めたり、意味のわからない文句を言い始めて とにかく支配しよう

 

としてきます

 

日本全体に言えることですが、田舎にはこういう悪しき文化が色濃く残っています

 

要は 自分で自分のやりたいことを見つけることができない変わることを嫌う

 

挑戦をやめてしまった無能連中の暇つぶしなわけです

 

そんな場所であなたは落ちることなく上がっていけますか?

 

それでもあなたは田舎に移住してみたいですか?

 

今回は 田舎の老害は新参者が挑戦する勇気をくじく でした