都市と田舎 どちらが節約生活に有利なのか問題 #1

田舎暮らしに関しては、人害についていろんなエピソードを書いてきましたが、

 

実は、地域が特定できるような内容や、この先法的処置に移すようなものについては

 

書くのを避けていますので、実際には起こった事件の3割も書いてはいません

 

で、法的処置を起こして処分が決まったものに関しては 明らかにできる範囲で

 

書いていこうと思っています。

 

しかしそれでは時間がかかりネタがなくなってしまうので

 

これから 定年まで生活していく上で

 

田舎と都会 経済的にどちらが有利なのか、節約生活にはどちらが向いているのか

 

検証するシリーズをやっていきたいと思います

 

単純に、物価だとか家賃だとか時給だとかで比較することはよくあると思います

 

しかし実はそれだけでは比較は難しく、数値化しにくい部分も多々あり

 

実際 比較して出てきた答えも検証した人それぞれで違っており

 

これから 田舎へ もしくは 都会へ移住しようと思っている人たちの

 

参考にはなりにくいのが現状です

 

そこで 今回は数値化できているものはそれを使い、数値化できていない部分について

 

は、私個人の独断と偏見で数値化し比較していきたいと思っています

 

まだデータを集めている段階ですので今回は予告でしかありませんが

 

私個人的にも興味がありますので、頑張って書いていきたいと思っています

 

この先 定年はなくなると言われていますし、それに伴い年金も支給開始が先延ばしに

 

されると言われています。

 

さらに 介護保険は増大し、国民健康保険の負担も高くなると予想されます。

 

最初の壁は団塊世代のピークが75歳になる2025年と言われています

 

支持率が高い現政権ですが、社会保障に関しては誰も期待していないんじゃないでしょうか?

 

ですので少しでも節約し、将来に備えたいと思う人たちの参考になれるようなブログに

 

できたらと思っております

 

実際には次回#2から始めていきますが 先にも書きました 国民健康保険 について

 

都会と田舎ではどのくらいの金額の差があるのか 書いていこうと思っています