田舎暮らしに憧れて移住するのはやめといたほうがいい理由 番外編③

お久しぶりです

大体1年に1回の更新となっております

それは書いても内容が重複してしまうからです

逆にそれぐらい、ずっと同じ事が続いていて改善する兆しもないという事です

 

今でも留守になるとペタペタと老害が出てきて、物を壊す、枝や支柱を折る、車に傷を付ける、ゴミを畑や庭に投げ入れる、など以前にも書いたことは続いています

早朝 夜中 でも同じ事が続いています

何だか最近は ネット上に 自己責任論 が蔓延しているみたいですね

そして被害者を叩く という行為に走る人が ネット上 に沢山いるらしい事が

最近顕著に可視化されるようになってきました

こんな事を書いていると 田舎に移住したあなたが悪い とか 住民に馴染もうとしないあなたが悪い と自己責任論を展開する人も ネット上 には出てきてもおかしくない空気です

 

実はその いじめられる方にも原因がある 論 田舎では蔓延しています

痴漢やレイプされた人はそんな格好で歩いている方が悪い

車に傷を付けられた人間はつけられるような事をしているからだ

 

よくネット上で見るこのような被害者に自己責任と押し付ける連中は

田舎には山のようにいます

 

なのでネットでそのような書き込みをしている連中はどこに住んでいようと

排外主義の田舎者 と思えて仕方がないです

 

自分が 普通で 常識があり 正義で 日本人らしい

それを思うのは勝手です どうぞいくらでもそう思ってもらってて構わないです

 

ですが、なので それに従わないあいつには何をやっても構わない 攻撃しても構わない あいつの物をぶっ壊しても構わないどころか壊してやった自分が称賛されるべき

支配するために近所を巻き込んでいじめても構わない という思考は 異常 です

 

体が思うように動かなくなり、外へ出ていく気力も老化でなくなり

毎日、家の掃除や草取り、畑の草取り ぐらいしかする事がなくなってくると

老害化に拍車がかかり 杖を突きながらでも近所を徘徊し、悪口のネタを探して回るようになります。

そしてそのネタを妄想で膨らませメンヘラ力で犯罪と結びつけ、老人会や町内会だけでなく、葬儀や溝掃除や祭りなどの行事の時にもぶちまけるわけです

 

そしてそれを実行している田舎の老害連中はその名の通り害であり、未来へ進む障壁でしかありません。老人に対抗するのは骨が折れるからと それに乗っかっている田舎のパラサイト若夫婦も同じです。

 

彼らの自己責任論でいくならば、 田舎が消滅していくのは 排外主義を貫いている土着老害連中の 自己責任 といえばいいでしょうか

そしてそれを続けているうちは、地域が活性化することなどなく、地域消滅への道を加速させてまっしぐら であることは間違いないでしょう

 

田舎に幻想を抱いていてはいけません。

まだ過疎化が進行して今までの自分たちにやり方に疑問を抱いている地域ならば、未来は開けるかもしれませんが、そんな兆しもない地域には何も期待はできません

 

あなたが田舎に移住して一から変えてみせる なんて幻想にも程があります

それができると思うのなら、今住んでいる場所でまず何か変えてみてください

 

少なくても年に1回は報告して行こうと思っていますが、世代が変わろうが時間が経とうが、結局 地域が消滅してしまうまでは報告内容はほぼ変わらないと思います

 

ではまた1年後に会いましょう